完全版 鏡の法則

著者 : 野口嘉則
  • サンマーク出版 (2017年1月10日発売)
3.83
  • (8)
  • (11)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :119
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135025

完全版 鏡の法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/study_training_history/ruleofmirror/

    あなたが

    人間関係で悩んでいたり、
    『幸せな人生』とは何か知りたいと思っていたり、
    子どもを立派な大人に育てたいと思っていたり

    するなら、ぜひ読んでほしい作品です。

  • 直接語りかけられているように響くストーリーテラー。人間関係、特に親子関係をすこしだけでも変えたいと思っている人におすすめ。きっかけが欲しいと願っている人には最良のエンジンになる。

  • 今、私は切実に人間関係に悩んでいる。
    藁をもすがる思いでこの本を手にとった。
    「マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣」に載っていたので、すぐに購入したのだ。
    私は、他人を許す前に、他人と距離を取ることがまだできていない。
    なので、そこから始めようと思う。

  • 話自体はネットでも読むことができるが、著者の解説とあとがきでの親子関係に関する記述が非常に共感できる内容であった。

  • 子供がいじめにあっていることの原因が、自分の父親や夫への気持ちが原因であったことがわかり、許すことで解決する物語。

    人生は、心を映し出す。不満を抱いていると不満を言いたくなるような人生になる。感謝すると感謝にあふれた人生になる。
    心の波長に合った出来事が起きる。

    許すための8つのステップ
    相手との間に境界線を引く、感情を吐き出す、行為の動機を探る、感謝できることを書き出す、復唱する、謝りたいことを書き出す、学んだことを書き出す、宣言する、

  • 「鏡の法則」という言葉だけを知っていて、”自分がしたことと同じことを周りからされる”=人に優しくしてほしかったら、人に優しくしなさい、ってことだと思ってました。そういうことじゃないんですね。”自分の心を写す鏡”という意味だったとは。だから、何かトラブルがあって、いろいろやっても上手く行かないときには、自分の心を振り返るチャンスだという考え方には目からウロコでした。とても読みやすく、心にスッと入ってきました。

  • 親との関係に悩む人へ

  • ずっと付き纏う親との距離感の問題!

  • 不思議だけど確かにそうかもしれない。
    自分の視点を変えてみることは必要。
    そして人を憎むことでエネルギーを使うなんてムダ、ということにも気づいた。

  • コーチング応用終了、翌日に蔦屋書店で読書。
    確かに、涙なしには読めない感動的なお話。
    前日の影響かもだけど、コーチングに通じるものがあるな~っていう視点で読んでしましました。

全12件中 1 - 10件を表示

完全版 鏡の法則のその他の作品

完全版 鏡の法則 Kindle版 完全版 鏡の法則 野口嘉則

野口嘉則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
伊賀 泰代
グレッチェン・ル...
村田 沙耶香
宮下 奈都
リンダ グラット...
ロバート キヨサ...
恩田 陸
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

完全版 鏡の法則はこんな本です

ツイートする