世界一伸びるストレッチ

  • サンマーク出版
3.78
  • (11)
  • (20)
  • (15)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 376
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135223

作品紹介・あらすじ

最高に気持ちいい「伸び感」を、あなたに。「ひざや腰が痛む」「ずっと体が硬い」「伸びを実感できない」…といった悩みに応えるストレッチ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (ストレッチしてみてからの感想)
    よく伸びます。
    ただし、ケガ後きちんとケアしていなかった部分は
    伸びません。違う部位が気持ちいい...

    字より写真が多いので、とても分かりやすい。
    そして1番いいところは【この部分を伸ばしてます!】
    っていう部位の色が赤くなってて、分かりやすい所!

    ヨガの先生に習った肩まわりのストレッチは
    いつもやっているものでした(*^^*)v

    股関節回り&ハムストリングスがほぐれればと思っています。
    気持ちよかったので、いつものストレッチにプラスで
    続けていきたいと思います。
    ==============================
    (読んだだけの感想)
    ちゃんとやれる人なら効果はあるのだろうが、
    中々どうして大変そうです...

  • 中野ジェームズ修一

  • 【投票者イチオシ】正しい知識を得ることができる。https://opac.lib.hit-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/1001111498/?lang=0

  • NHK Eテレの「趣味どきっ! 体が硬い人のための柔軟講座」のテキストが酷かったので、それに代わる参考書を探してみた。

    こちらの本の方が良い。内容が濃い。
    「簡単バージョン」「もっと伸びるバージョン」「膝や腰の悪い人向けバージョン」「パートナーと一緒にバージョン」など情報量が多いし、良い例・悪い例や注意点なども細かく書いてある。
    一般的なストレッチとの違いや、今流行りの開脚運動の注意点も書かれている。
    解説文が短くても、とても的確で分かり易い。
    ちゃんと頭で理解して取り組みたい人には超お薦め。

  • 【私にもできそう!】ストレッチが苦手です。身体が硬いので、痛いし、やっても暑いし、どこが伸びているのか、よくわからないからです。
    でも、この本はとても簡単な体勢が写真で紹介されているし、非常にハードルが低いものから始められます。
    私は、Kindleで購入し、おもにiPadで見ています。
    続ける極意としては、「やり方を知っていること」。そして「続け方がわかること」がありますが、僕の場合、多くのストレッチは最初のやり方がわからなかったから続かなかったんだと実感しました。いくつかでも継続できるために、時間のやりくりなどを考えたいと思っています。

  • 読む順番が逆で最新刊の「ザ・ベスト・ストレッチ」を読んでから本書を読んだが、内容的にはほぼ一緒でどちらか一冊手元にあれば十分という感じだった。
    (実際に2冊を同時に見比べたわけではないが、書きっぷりも含めて似たような内容であった)
    内容的には非常に分かり易く取り組みやすいので、同時に2冊の内容を比べてどちらかを購入したいと思う。

  • 体の部位別にフルストレッチ、簡単ストレッチ、腰が痛くてもできるストレッチが写真付きで紹介されていて、わかりやすい。
    あと、この本を読んでなるほど、と思ったのは、「運動前」は「動的ストレッチ」と呼ばれるのものをやるべきで、「静的ストレッチ」はやるべきではないというところと、昨今話題の「180度開脚」は関節を不安定にさせるおそれがあり、必ずしも良いことではない、というところだった。

    一番の問題は、本書で紹介されているストレッチをいかに習慣化できるか、というところである。

  • ストレッチの本。
    人それぞれ、環境や状況によってできる・効果があるストレッチは違う。
    いろんなパターンでストレッチを紹介。

  • 載っているポーズが大体ヨガのポーズにあるので、地道にヨガをやっていくことにする。座りながらとかのポーズは、とても身体が硬い人に良いかも。

  • 写真でポーズを示しながら注意点をしぼってコメントしているので読みやすい一冊です
    本を見ながらストレッチすることで万年悩みのタネの肩こりが改善しました

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(株)スポーツモチベーションCLUB100最高技術責任者
PTI認定プロフェッショナルフィジカルトレーナー
米国スポーツ医学会認定 運動生理学士(ACSM/EP-C)
フィジカルを強化することで競技力向上や怪我予防、ロコモ・生活習慣病対策などを実現する「フィジカルトレーナー」の第一人者。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球の福原愛選手やバドミントンの藤井瑞希選手など、多くのアスリートから絶大な支持を得ている。2008年の伊達公子選手現役復帰にも貢献した。2014年からは、青山学院大学駅伝チームのフィジカル強化指導も担当。早くから「モチベーション」の大切さに着目し、日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとしても活躍を続けている。自身が技術責任者を務める東京神楽坂の会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB 100」は、「楽しく継続できる運動指導と高いホスピタリティ」が評価され活況を呈している。主な著書に『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ』(徳間書店)などベストセラー多数。

「2018年 『あなたに必要なストレッチがわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世界一伸びるストレッチのその他の作品

世界一伸びるストレッチ Kindle版 世界一伸びるストレッチ 中野ジェームズ修一

中野ジェームズ修一の作品

世界一伸びるストレッチを本棚に登録しているひと

ツイートする