「第六感」で決めると、すべてに迷わなくなる!

著者 : 普天間直弘
  • サンマーク出版 (2016年3月29日発売)
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 26人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135278

「第六感」で決めると、すべてに迷わなくなる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・名前づけチューニング

    ・いろいろな場面で自分に「問いかける」ということをくり返す。

  • ・五感=今を生きるため、第六感=今を楽しく生きるため。起きることを「中庸」で受け止めるので、迷いがなくなる。

    ・五感の先にある第六感とは、外からの情報たけではなく、自分の中からわいてくる"確信"のような感覚。何かと何かを比べたり、裁いたり、優劣をつけたりするものではなく、あくまでも自分の中から自然とわきあがってくる鋭くて純粋な感覚。今を楽しく生きるためにある第六感を研ぎ澄ますことで、自分自身の軸ができてぶれなくなり、決断が早くなり、進みたい方向が明確になっていったりする。

    ・第六感に気づいて活かしていくと、笑顔になり、悩まなくなり、執着しなくなり、決断が早くなり、争わなくなる。今を楽しく生きるとは、より自分らしく在ることを意味する。

    ・第六感だけが発達している人はいない。まずは五感=感受性を磨くことが大切。

    ・感覚を磨くために4つの必要なこと
    ①できるだけ積極的に意識すること。意識を向けないところに感覚は生まれない。
    ②できる限り丁寧にすること。
    ③決断すること。
    ④とぎ澄ますこと。

    ・1日平均70回=25000回/年選択している。そのうちきちんと意識して選ぶのはおおよそ5〜6回、ほとんどは経験からくる無意識の領域を基準に選択してしまっている。ところが、もし"Feel"で選択した感情に気づくようになれば、その感情を受け止めるだけで、自分はもちろん、わいてきた感情の対象(相手)が許せたり、その感情を手放せたりすることもできるようになる。さらにその出来事を瞬時に"Think”へ移行させることができれば5〜6回しかできなかった意識的な選択が10〜20にもなることもある。つまり、心の奥底にある「潜在意識」に気づいて「顕在意識」へとのぼらせることができれば、人生の選択も増えて、より自分が思った通りの人生へと歩みを加速させることができる。こうやって「喜怒哀楽」という感情をコントロールすることによって、より本来の自分自身へと立ち返るための幅が広がることになる。

    ・第六感をうまくつかいこなすためには、本質にある素直さ、つまり「本来の私自身=中庸の心」が必要。中庸とは、考え方や行動などが偏らず、真ん中にあること。ざわざわと揺れ動かず、どしっと真ん中の「本来の私自身」であるとき、心は中庸の状態となって第六感も働きやすくなる。「直感が働く」「ワクワク」「ウキウキ」「素直になる」「楽になる」など、自分らしいということこそ中庸の状態。逆に中庸からずれているときは感情的になり、思考(think)が働き、判断(judge)する。頭で考えた思考、判断ではなく、正確な感覚(feel)や選択(choice)で生きているのか、いないのかがわかるようになってくる。

    ・問いかけは常に曖昧にはしないこと。曖昧な問いには曖昧な答えしか生まれない。意図した行動から生まれるのが第六感。「第六感が働く」とは、常に自分らしくいられることを判断ではなく、直感で選択していくこと。よそから入ってきた情報や人の意見に左右されない、自分で決めたことは信じる、迷ってぐだぐだにならない。第六感をつかえるようになると、自分が必要なものは自分できちんと選べるようになっていく。もう迷うこともない。

    ・中庸の意識をもち、まずは受け止める覚悟、受け止めた後には柔軟に動けるしなやかな心をもつことが大切。覚悟を深めていくとそれはかけ算となって「質」を高めることにつながる。

    ・五感は今を生きるためのもの。五感が鋭くなってくると、一瞬一瞬、密度の濃い時間が体験できるようになってくる。時間の密度が濃くなると、自分が感じる幅も広くなり、見える世界が変わる。五感が鋭くなると、
    記憶力アップする、思考がクリアになる、直感で物事が判断できる、いろいろな「気」がわかる、感情を素直に受け止められる、自分のからだを大切にできる、からだの細胞が喜ぶのがわかる、第六感の鋭さを実感できる。

    ・知っていることとわかっていることは違う。着ている"鎧"を10枚くらい脱いだほうがいい。

    ・アイデアとは、必ずしも頭で考える状態から生まれるものではなく、五感の先の感覚や感性から自然と湧き上がってくるもの、無理をしたからといってアイデアはひねり出せないby モーツァルト

    ・良い考えの生まれやすい状況は①馬上、②枕上、③厠上 by 欧陽脩

    ・人が成功する条件とは、仕事+遊び+沈黙 である by アインシュタイン

    ・お金や目に見えるものが全てという価値観が蔓延し、直感より合理性が重んじる風潮がある。人間は他の生物と同様であるという謙虚さをもつこと、心の目をもつこと、第六感(直感)を目覚めさせることも大切 by 松下幸之助

    ・「ひらめき」とは顕在意識(意識)の中に蓄積された情報や体験によって分析された、積み重ねの知的な推論から生み出され、「見える」領域」から起こる。ところが「直感」とは潜在意識の中で高速に計算が行われた結果出てくる答え。直感的にアイデアが浮かんだとき、それが「ひらめき」か「直感」なのかを見分けるコツはその理由が「何とな〜く、そう感じるから・・・」のときは直感から得られたアイデア。

    ・考えるな、感じろ(Don't think Feel!)ブルースリーが言った「先」とは、「現実を見ながらも、意識はその先に向けろ」ということ、つまり、幅広く意識することを心がけろということ。ふだんから「感じること」に意識を向けていなければ感覚は働かない。意識そのものを「目的意識」に変えながら実践していかなければ到達できないもの。

    ・自分を信じる=自信 とは、自分を信じて行なう経験の繰り返しや、蓄える知識の豊富さがあってこそ、初めてほんとうの「自信」へとつながるもの。つまり、常日頃からの訓練が必要。考える(think)のではなく、感じる(feel)ことの究極は、五感を研ぎ澄ませた先に生じてくる第六感=直感の世界へとつながっていく。

  • ひすいこたろう さん の紹介
    良い。

    産まれてきたのは、生きるため。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=9082

  • 意識する
    丁寧にする
    決断する
    研ぎ澄ます

全5件中 1 - 5件を表示

「第六感」で決めると、すべてに迷わなくなる!のその他の作品

普天間直弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クスド フトシ
ひすいこたろう
メンタリストDa...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

「第六感」で決めると、すべてに迷わなくなる!はこんな本です

ツイートする