血流がすべて解決する

著者 :
  • サンマーク出版
3.78
  • (35)
  • (55)
  • (27)
  • (14)
  • (3)
本棚登録 : 529
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漢方薬剤師が、女性向きに薬ではなく生活習慣で血液たっぷり血流をよくする方法がまとめられている。
    血液ドロドロをサラサラにするのは、どちらかというと男性向けの話。
    女性にとって大事なのは、何より「血流たっぷり」であることが、健康と精神の安定の秘訣。

    ヨガにリンパマッサージにサプリメントに色々気を遣っても虚弱体質が改善できなかったのは、そもそも私には血液が足りてなかった。血液不足(気虚体質)だから流れが滞っていて心身の不調が続いていた。

    血流の働き
    ①水分を保つ
    ②酸素、栄養、ホルモンを運んで届ける
    ③老廃物、二酸化炭素を回収する
    ④体温を維持する
    ⑤免疫力の維持

    血流が悪いと、
    ⑴水分のバランスは悪くなるため、むくむ。
    ⑵酸素が届かずエネルギーを燃やせないために、太る。
    ⑶老廃物が回収されずたまるので、肩が凝り、だるい。
    ⑷熱が足りないために、冷える。
    ⑸免疫力が下がるので、病気がち。

    漢方でいう女性の体質と改善する際の順番
    ❶血が作れない→『気虚体質』→血をつくる!
    ❷血が足りない→『血虚体質』→血を増やす!
    ❸血が流れない→『気滞 瘀血(おけつ)体質』→血を流す!

    ❶血を作る!
    ・空腹にして胃腸を休める。(夕食断食)
    ・鉄分と良質なタンパク質、バランスの良い食生活。
    ・鶏肉のすすめ
    ・内臓下垂解消30秒ドローイン(背筋を伸ばしてまっすぐ立つ→腹式呼吸で息を吸う→おしりをキュッと締める→お腹がぺしゃんこになるように吐き切る→お腹をへこませた状態を30秒キープする(自然呼吸で))

    ❷血を増やす!
    ・23時までに寝る。(血が足りないと夢を見る)
    ・朝日を浴びて体内時計をリセットする
    ・寝る前の完全呼吸(息を吐き切る→鼻から息を吸う(腹式+胸式)→息を止めておしりをキュッと締める→口からゆっくり吐き切る→これを3セット繰り返す) 

    ❸血を流す!(特に静脈の流れ)
    ・第二の心臓、ふくらはぎを鍛える
    ・かんたん丹田呼吸法(息を吐くときは、横隔膜のところから上体を少し前に倒す。→息を吸うときは、上体を起こす→呼吸は鼻で、十回くらい行う)でむくみ改善
    ・足を温め、「三陰交」「血海」を揉む。

    • nekoya312さん
      素晴らしいまとめ!再読したくなりました!ありがとうございます。
      素晴らしいまとめ!再読したくなりました!ありがとうございます。
      2017/03/28
  • ・血流をよくする時間:4か月
    ・作れない、足りない、流れない
    ・朝食をとる
    ・空腹
    ・夕飯を1週間抜いてみる
    ・パンよりご飯
    ・旬の野菜
    ・鶏肉を食べる
    ・早食いをやめ、よく噛む
    ・インナーマッスルを鍛える
    ・23時までに眠る
    ・朝日を7時までに5分浴びる
    早速やってみよう

  • 23時までに寝ようと思っても、血が足りない人はなかなか寝つけません。血が不足していると、昼間はだるく横になって眠りたくなってしまうのにもかかわらず、夜になると眠れなくなってしまうのです。目が冴えて眠れないというわけではなく、疲れているのに眠れなかったり、寝ても熟睡できずに途中で何度も起きたりしてしまう。
    老廃物を出す大掃除ができて初めて、脳は元気に活動することができます。脳の掃除は熟睡している間にしかできません、そして、回収された老廃物は血流によって脳の外へと運び出されるのです。


    確固たる意志をもちたい。
    自分に自信をもって輝きたい。
    いつも穏やかな心でいたい。

    そんなときは、まず血流から見つめ直してほしいのです。

    相談に来てくれる方の体調がよくなっていくにつれ、心の状態もよくなっていったことに気がつきました。

    血がつくれないと、やる気や元気が失われます(気虚)。
    血が足りないと、不安になり、自信をなくします(血虚)。
    血が流れないと、イライラし、気持ちが不安定になります(気滞 瘀血)。

    体が生み出す生理的な変化こそ、感情に影響を与えています。
    血流が悪くなれば、マイナスの感情を生み出します。
    血流をよくすれば、プラスの感情を生み出します。

    あなたの心の束縛から自由にしてあげましょう。

  • 実行方法以外は同じ事が書かれてます。
    具体的な、継続できる実行方法が書かれているので分かりやすい。納得できる部分も多いので、やってみたいと思う。

  • Vol.368 健康にも気をつけないといけないですね。ということで、血にまつわる話です。http://www.shirayu.com/letter/2016/000745.html

  • 食後90分は食べない(胃腸の掃除)
    1週間夕食断食
    鶏肉(ヘム鉄)できれば地鶏。サムゲタンやオゴルゲタン。骨付きの手羽先・手羽元をスープに。次の日はトマト、最後でカレーで締める。
    下腹ぽっこりは胃腸が弱っている。早食いをやめる。
    (内臓引き締め)
    ・背筋を伸ばして立つ、おなかを膨らまして息を吸う(おしりの穴を締める)、おなかをへこませながら息を吐く。へこませた状態を30秒キープする。3セット/日
    夜は23時までに寝る
    起きたあとは太陽の光を5分ほど浴びる。(7時までに)
    1吸う2吐く(4秒、8秒)3セット。寝る前、横になって

  • 夜23時までに寝て、夕飯はなるべく食べないをやってみる。

  • 2018.8 勉強になった。血を作り 増やし 流れるようにする!夕食断食は難しいけど。腹八分にして朝ごはんたべるようになりたいな。

  • 夕食断食してみたいなぁ

  • 素晴らしい一冊!

    心と体のすべての悩みの原因は、血流にある

    血流をよくする必要は言われているが、血流サラサラというイメージ。しかしドロドロしていて流れないという以前に流れる血が不足していることがある!目からウロコですね~

    血不足の状態=血虚(けっきょ)

    血を増やす=血の質をよくする(血液中の栄養やホルモン豊富に)
    セロトニン、ドーパミンといった幸せホルモン、やる気ホルモンと呼ばれる脳内の神経伝達物質も血流によって左右される


    「あなたの現在の心と体は、過去の蓄積の結果です。今までの生活の積み重ねです。それを治すのは、あなた自身だからです。今までと何も変えることなしに漢方薬に頼っても、意味がないのです」「自分を治すのは自分自身だ」

    第一章 その不調の原因は、すべて血流にあった
    女性の体は血が基本!
    血流は細胞レベルで体を変える
    血液は、タンパク質でできている
    血液中のアルブミンが若々しさや寿命を左右する

    血流とは、心臓を出た血液が一分間で全身の血管をめぐりまた心臓へ戻ること

    血流をよくすると以下の5つの仕事をしっかりしてくれる
    ①水分を保つ
    ②届ける(酸素、栄養、ホルモンを運ぶ)
    ③回収する(老廃物、二酸化炭素を回収する)
    ④体温を維持する
    ⑤体を守る(免疫力)

    水分バランスが悪くなる~むくみ
    酸素が届かずカロリーが燃やせない~太る
    老廃物が回収されない~だるい
    熱が足りない~冷える
    免疫力が下がる~病気がち

    血流は身体の中に閉じ込められた「海」

    鉄不足は、負の感情を生む

    脳の三大神経伝達物質のホルモン(作るためには鉄)
    精神を安定させ幸福感を抱かせる幸せホルモン~セロトニン
    向上心やモチベーションを高めるわくわくホルモン~ドーパミン
    物事への意欲の源のやる気ホルモン~ノルアドレナリン

    第二章「ふくる・増やす・流す」であなたの血流はよくなる

    ①血がつくれない→気虚体質
    ②血が足りない→血虚体質
    ③血が流れない→気滞、瘀血(おけつ)体質

    ①から③の順番で起こる

    気虚体質
    ・疲れやすい
    ・風邪をひきやすい
    ・足がむくみやすい
    ・トイレが近い
    ・よく息切れがする
    ・軟便、下痢がある
    ・冷え性
    ・声が小さい
    ・胃もたれ
    ・満腹まで食べる
    ・新陳代謝が悪い
    ・朝食がほしくない
    ・やる気がでない
    ・決めたことが続けられない、すぐあきらめてしまう
    *胃腸の不調

    血虚体質
    ・動悸がする
    ・爪が薄い、割れやすい
    ・物忘れが多い
    ・顔色が白い、ツヤがない
    ・乾燥肌、カサカサ
    ・生理不順
    ・抜け毛、白髪が多い
    ・貧血、立ちくらみがある
    ・かすみ目、疲れ目がある
    ・手足のしびれ、筋肉のけいれんがある
    ・眠れない、熟睡できない
    ・耳鳴りがある
    ・不安になりやすい
    ・自分に自信がもてない
    *婦人科系のトラブルが起こりやすい、老化が早い、シワが多い、

    気滞、瘀血(おけつ)体質
    ・口の中に苦い味がする
    ・下痢と便秘を繰り返す
    ・偏頭痛がよく起きる
    ・喉にものがつかえた感じがする
    ・生理前におなかや胸がはる
    ・ため息をよくつく
    ・シミ、そばかすが多い
    ・生理痛がひどい、塊がある
    ・顔や唇の色が暗い
    ・下肢の静脈瘤が目立つ
    ・ストレスに弱いと感じる
    ・イライラしやすい
    ・自分の感情がコントロールできない
    *低血圧

    血流をよくする時間は「4カ月」
    赤血球の寿命が120日
    卵子が準備される時間
    一週目~胃腸をじょうぶに
    二週目~睡眠改善
    三週目~生活習慣改善

    第三章 血をしっかりつくるための食べ方 10の真実
    ①満腹より空腹がいい 
    ぐ~は胃腸の掃除中
    食後90分で胃の収縮が起こる
    Breakfastは、fast(断食)をbreak(やめる)
    早い時間の夕食で
    寝ている間は消化が進まない、小腹がすいたぐらいで寝る
    夜の空腹中、アディポネクチンという善玉ホルモンの分泌が活発になり、血管の掃除が行われ、若返る

    ②やっぱり朝ごはんは食べなさい
    体温が上がる~活発に活動できる
    体内時計をリセットする効果あり
    卯の刻(5~7時):大腸の時間=排出
    辰の刻(7~9時):委の時間=消化
    巳の刻(9~11時):脾の時間=血を生み出す脾の働きが活発になる

    ③「一週間夕食断食」が胃腸をよみがえる
    夕食の代わりに、酵素ジュース、固形なしスープ

    食べたものは18時間たって排出される

    ④夕食断食をすると内側から若返る
    ⑤パン食よりもごはん食がいい
    米は血を作る
    ⑥ホウレンソウでは鉄分を補えない
    旬を大切にする、ほうれんそうは冬
    ⑦血流不足にマクロビはすすめない
    たんぱく質不足は血の原料不足
    ⑧血を増やしたければ、肉食女子になりなさい
    鶏もも肉を食べよう できれば地鶏
    骨付き鶏肉をスープに~血を作ってくれる
    ⑨下腹ぽっこりは血流の大敵
    早食い、大食いはやめる
    筋肉を鍛える
    *内臓下垂解消30秒のドローイン
    1背筋を伸ばしまっすぐ立つ、肩を少し引き、肩甲骨を引き寄せる
    2おなかを膨らませて、息を吸う、お尻の穴は締める
    3おなかをへこませながら息を吐く、おへそを中心に全体をへこませるイメージ
    4へこませた状態を30秒キープする
    これを1セット3回くらい、1日何度でも

    ⑩命への感謝が血をつくる

    第4章 元気な血を増やすための眠り方 6つの常識
    23時までに寝る
    眠らないと血がつくれない、増えない
    韻と洋の入れ替わりが知をつくることに影響する

    ①夢を観るのは、血が足りないから
    寝不足は老廃物の掃除ができてない状態
    ②恐るべき不眠スパイラルから抜け出す
    ③眠りと血流を作るのは、朝日
    太陽の光を5分浴びる
    ④寝る前の「完全呼吸」で睡眠の質を劇的に高める
    完全呼吸の方法
    1息を吐き切る
    2鼻から息を吸う、腹式呼吸をおなかで吸い、続けて胸式呼吸で胸いっぱい吸い込む
    3息をとめて、おしりを締める
    4口から一息に吐く
    5これを3回繰り返す
    ⑤湯上りは冷えるから眠りに効く
    ⑥もしも眠れなくても、自分を責めなくていい

    第五章 「静脈」の血流をよくするための生活習慣 5つの方法
    女性は「静脈」
    ①第二の心臓、ふくらはぎを鍛える
    +もも上げウォーク
    1立ち上がって、片方の膝が腰よりも高くなるくらい太ももを高く上げる
    2かかとを前にぐっと蹴りだして歩く、つま先を前に出さないように
    3反対側の足でも同様に行う
    +かかと上げ下げ運動
    1つま先立ちになる
    2背杉を伸ばしたまま、ゆっくりとかかとを上下する5秒
    31セット30回、朝晩2セットくらい

    ②「かんたん丹田呼吸法」でむくみを改善する
    呼吸が深く大きいほど、横隔膜が作る圧力が大きくなり、静脈の血流がよくなる
    +かんたん丹田呼吸法
    1息を吐くときは、横隔膜のところから上体を少し前に倒す
    2息を吸うときは、上体を起こす
    3呼吸は花で、十回くらい行う

    ③足を温めて「冷却システム化」を防ぐ
    ④「三陰交」「血海」を押せば血流の泉がわく
    三陰交~足の脛の内側にあるツボくるぶしの最も高いところから指の幅四本~3つの経絡を刺激する
    血海~膝を曲げてお皿の上、内側の角から指の幅三本分
    押す時は集中して

    ⑤静脈の血流改善こそ、心と体の調和をもたらす

    第六章 心と体の悩みは、血流がすべて解決する
    ダイエット
    気虚太り:食べないのに太る、下半身が太りやすい

    生理痛はないのが正常

全59件中 1 - 10件を表示

血流がすべて解決するのその他の作品

血流がすべて解決する Kindle版 血流がすべて解決する 堀江昭佳

堀江昭佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村田 沙耶香
リンダ グラット...
宮下 奈都
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

血流がすべて解決するを本棚に登録しているひと

ツイートする