女の運命は髪で変わる

著者 :
  • サンマーク出版
3.60
  • (20)
  • (50)
  • (43)
  • (12)
  • (1)
本棚登録 : 509
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135636

作品紹介・あらすじ

信頼されたい、稼ぎたい、結婚したい、若く見せたい、大事にされたい、知的に見せたい、おしゃれなママになりたい、愛されたい…「似合う髪型」ではなく、「なりたい自分」をイメージして、髪型を決めるとうまくいく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 髪から受ける印象は侮れないものだとよく分かりました。ヘアケアの具体的方法が後半の一つの章に収まっていたので、そこがより詳しく書いてあれば、もっと良かったです。

  • 髪について、語ってある本で、こんなに、こころをうごかされるとは・・・・!
    *顔のすっぴんは良いけど、髪のすっぴんはダメ。
    *合コンでの、帰国子女のドキドキの三変化。
    ①サラサラワンレンロングストレート黒髪
    ②片方によせる。
    ③バレッタでアップする。ーこれもそうそう!
    *雨の日は、油分を、髪に塗ってる人の勝ち。ーワックス、スプレー、ヘアオイル
    *いのけーいのちの毛、で、こがおに。揉み上げのところって。そうなんだ。少し垂らすだけで、こがおになるんだ。
    *でも、トシトッタ人の髪、縮れてよれっと、出てきたり、跳ねたりする、髪全体はだめ。熱くしてから、冷まして、寝癖直す。
    *シャンプーは、頭皮を、洗い。
    *トリートメントは、髪に。水分を、とってから、髪全体に、櫛でなじませる。
    *年取ると、メッシュを入れて、髪の毛のいろをだんだん明るくするといい。

  • 年をとり、髪が扱いづらくなってきて読んでみました。ヘアライターという職業があることは知りませんでしたが、とても具体的なアドバイスが書いてあり、読んでよかったなあと思っています。
    ぐあーっと集中して読むのですが、ところどころめちゃくちゃおおげさな描写があり笑 そこでハッと我にかえるという変わった文章ではありました。

  • なりたい自分に合わせて髪型を変える

    顔はほぼ髪
    肌や服よりも髪にお金をかける

    <やりたいこと>
    梅雨時期にサロントリートメントをする
    頭皮マッサージ、ヘッドスパ

  • ヘアケアの指南書かと思っていたら、髪型や髪に関する概念が変わる内容でした。
    髪型や髪が与える第一印象が半分も閉めている、とか分け方の一工夫で痩せて見える、など。

    しかも自分でも出来る工夫がいくつもあり、わくわくしてきます。
    髪をたくさん大切にしたくなります。

  • 【髪は、ほぼ顔】というキャッチーなフレーズが刺さりました。。
    ひし形のシルエットになるようにスタイリングする、命毛を大切に、シャンプーで髪を洗わない、ツヤが大事、などなど日々の髪ケアに取り入れられることが色々あって収穫の多い本でした!

  • 特別目新しい記載はないが、
    とにかく「髪って大切!髪!髪!髪!」
    を訴えている本。

    髪型や髪質で美人オーラをまとう事が出来るというのはあるかも!大して美人じゃないけど、髪や雰囲気で美人風な人っているわ。

    ★顔(メイク)50%
    ★髪 50%

    第1章 「髪はほぼ、顔」
    第2章 「髪はほぼ、人格」
    第3章 「髪はほぼ、色気」
    第4章 「髪はほぼ、年齢」

    とりあえず、美容室に行こうと思う。

  • 参考になり、髪に対する意識も高めることができました。
    もちろん髪について色々書かれていますが、読み進めると恋愛についても大事だなと思うことがたくさんあって恋している人にもおすすめの本でした。

    髪はほぼ色気の章、好きでした。

    “付き合い始めの頃は、真正面の自分。
    少し関係が深まってくると、見られるのは横顔が多くなる。一緒に暮らすようになると、とたんに後ろ姿を見られることが増える。”

    なるほどなー確かになーと、思いました 笑

    そして、3回髪を変える帰国子女。
    ギャップって確かにあざとい 笑

    楽しかったです。

  • 図書館で借りた本


    メイクはすっぴんがいいけど髪は整えてほしいと
    口を揃える男性の理由は

    メイクは濃ければ濃いほど素顔が分からなくなるが
    髪は身体の一部だから、
    髪がきれいだということは
    彼女のDNAは良いDNAだと感じるから。

    そうなのか・・・
    悩んでたヘアアイロン、買おっかな・・・

  • とても良かった。
    顔で50点、髪で50点。
    なりたい自分をイメージして髪型を変える、なるほどなと思った。

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐藤友美(さとゆみ)
1976 年北海道知床半島生まれ。お茶の水女子大学文教育学部国文科卒業後、テレビ制作会社勤務を経て、2001 年より、ファッション誌のヘアページを手掛けるライター・エディターとして活動。2014 年からは、ビジネス、自己啓発、ファッション、健康、美容、法律など、幅広いジャンルの書籍を手掛けるライターとしても活躍の幅を拡げており、年間10 冊以上の構成に携わっている。また、長年ファッション誌のヘアページを担当してきた経験を生かし、年間60 〜80 本の講演活動や、美容専門誌での執筆、サロンのブランドマネジメント、美容メーカーの商品開発などに携わる。美容業界に向けた著作に『集客につながるフォトシュートレッスン』(髪書房)など。髪の大切さを一般読者にわかりやすく伝えた近著『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)はベストセラーとなり、テレビ、雑誌など各メディアで注目を集めている。

「2017年 『道を継ぐ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤友美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

女の運命は髪で変わるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×