夢をかなえる読書術

著者 :
  • サンマーク出版
3.36
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763135735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を読むこと、それはとても大切なことと思っているけれど、なんでなの?と聞かれると、「そりゃあ、そうだろ、だって、モゴモゴ、、」となってしまう。
    そんな時、とにかくこれを読んで見なって!というふうにご使用下さい。

    本は、考える素材というところが、なるほど、と思った。
    昨今では、本読まなくてもネットの情報があれば的言説が流布してる気がするけど、なんとなくそうじゃないと感じてたのは、こういうことだな。
    得たいのは情報だけでないのです。

  • 【No.177】「たった一行でも、一フレーズでも自分の心に響くものがあれば、読む前よりも自分を成長させてくれたということで、良書にあたる」「今日はつらい。明日はもっとつらい。でも明後日には、素晴らしい一日が待っている(アリババ創業者の言葉)」「つねに”どこかで使う”というアウトプットを意識してマーキングすると、本の内容がより自分のものとして落とし込まれていく」「自分と違う考えの人がいても、その人たちを否定したり、ばかにしたりしない。多様性を持てる人が、優秀な人と言えるのではないでしょうか」「成長とは、昨日の自分より、今日の自分が少しだけ変わったと思えること」「本当にやりたいことがあって、夢をかなえたかったら、余分な習慣をどこかで断ち切らなければならない」「夢をかなえるために、しっかり自分の時間をとって確実に進めていくのか、目先の人間関係や欲望を優先させるのか。それを決めるのは自分自身」

  • 【読書・勉強】夢をかなえる読書術 / 伊藤真 / 20170710 (58/654) <174/80231>
    ◆きっかけ
    タイトルに惹かれて

    ◆感想
    ・本は考えるための素材は、まさにその通り。ここ数年、冊数をこなしているだけの感があるので、気をつけたい。

    ◆引用
    ・本は考えるための素材
    ・自分と反対の考えの本を意識して選ぶ
    ・BOOK 感動する脳 茂木健一郎
    ・感動する脳を育て得る為には、空白部分を作る。
    ・読むことで、著者の考えを自分の考えとつなげて、世界を広げることができる
    ・いますぐ役立つ本は、すぐに役立たなくなってしまう本
    ・音読とセルフレクチャーで記憶を定着させる
    ・読むために時間のかかる本に挑戦する
    ・スピード感を持って読む、要するにと考えて読む、次に何を言うか、タイトルを見て、どういう結論に持っていきたいか、推理しながら読む
    ・接続詞のしかしに注目
    ・繰り返しは学問の母。繰り返し読むことで、思想や考え方が深まる
    ・瞬時に現実逃避できる本をいくつか用意しておく
    ・小林秀雄、文章の魅力を合点するには、内部にある感覚に頼るほかない(読書について)
    ・本で助けられた経験の有無が人生を分ける
    ・本の意味は、その時の自分によって変化する
    ・BOOK、地球、母なる星、宇宙飛行士が見た地球の荘厳と宇宙の神秘

  • 残念ながら新しい発見はなかった。

  • 本の読み方について迷ったらこの本に限ります

  • 読書の「役割」に関して、様々な視点を与えてくれます。
    自分が知りたいことを深く知るための読書、
    何が知りたいかを知るための読書、
    自分の視点を拡げる読書、
    娯楽としての読書等です。
    伊藤塾長は、それらをすべて包括して、「夢をかなえるための読書」と言っていると思います。
    その中でも古典を勧めている点は、多くの読書術を紹介している方が共通して言及していることです。
    目新しい読書術は、正直言及されていませんが、
    やはり読書術の王道は「手間暇かけて継続し工夫すること」この一点に尽きると思います。

  • 本を最大限使い込む方法が著者の体験をもとに書かれている。司法試験受験予備校塾長のイメージとは違って、すごく画期的というのではなく、地味で納得できる方法が書かれている。

  • 良くある感じの本

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年、大学在学中に1年半の受験勉強で司法試験に短期合格。同時に司法試験受験指導を開始する。1982年、東京大学法学部卒業。1984年、弁護士として活動しつつ受験指導を続け、法律の体系や全体構造を重視した学習方法を構築し、短期合格者の輩出数、全国ナンバー1の実績を不動のものとする。1995年、憲法の理念をできるだけ多くの人々に伝えたいとの思いのもとに15年間培った受験指導のキャリアを生かし、伊藤メソッドの司法試験塾をスタートする。現在は、予備試験を含む司法試験や法科大学院入試のみならず、法律科目のある資格試験や公務員試験をめざす人たちの受験指導をしつつ、一人一票実現国民会議の事務局長として一票の価値実現をめざす等、社会的問題にも積極的に取り組んでいる。

「2018年 『債権総論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢をかなえる読書術のその他の作品

夢をかなえる読書術 Kindle版 夢をかなえる読書術 伊藤真

伊藤真の作品

夢をかなえる読書術を本棚に登録しているひと

ツイートする