ムダにならない勉強法

著者 :
  • サンマーク出版
3.85
  • (19)
  • (35)
  • (20)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 420
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136107

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アウトプットを意識
    徹底的に真似る

  • 何からやっていいか分からない→学生には教科書があるが大人にはこれを覚えれば間違いないというものがない。

    ムダの多い勉強法の一つ→とりあえず勉強法(とりあえずいつか役にたつかもと考えて資格を取ったりする事)NG やはり目標、目的、なりたい自分を具体化できてるか?

    自分の親しい友人5人の年収を平均すると自分の年収になる→ミラーニューロンを上手に使い自分より2歩先を行っている人と付き合う

  • インプットは準備運動、重要なのはアウトプット。

  • メモ
    守破離
    ミラーニューロン
    アウトプットこそ勉強
    アウトプットの方法
    タイピングより手書き ブローカ野
    例え話がくどくていちいちひと昔古いのが多いけど、ドーパミンとコルチゾールのくだりはとても参考になる。
    アウトプットとして、本を読んで気づきを得たら、行動に移さないと無意味になる
    紙にメモするなり、書いてあったことを1つでも実践する
    そうでないと本を読んでも説明できない、ムダになってしまう
    資格試験の話なのか生涯学習の話なのかテーマは絞ってない気がする

  • 参考になるところもあった

  • 社会人の様々な勉強法のカタログ。一番気になったのは「インプットは前座、アウトプットが真打ち」これだけ勉強法があれば、どれかピンとくるはず。

  • 項目が細かく分かれていて分かりやすく編纂されている。
    一口に”勉強”と言っても、受験もあれば仕事の勉強、語学等々実に広範にわたる。そのどれにも適用出来るものにしようとなると、普遍的な心構えの部分がメインになるのは仕方がないかもしれない。
    それでも色々なアプローチが乗っていて参考になるものが見つかるのでは?
    ただ、映画の説明や筆者の過去の話などが意外と長いのが退屈。

  • 内容は勉強法というより、成長法に近い。アウトプットの重要性を繰り返し説いている。
    テクニック的な部分、スピリチュアルな部分、筆者の主観的な部分もあるが、一方で学ぶべき点も多い。

    アウトプット前提のインプット、つまり、報告書を書くつもりで出張に行く、質問するつもりでセミナーを受ける、というのが今後使えそうなテクニックだと思った。
    あと、「未来を生きても、過去に生きても、不幸せになるだけ。過去も未来も単なる意識の問題で、タイムマシーンがない限り、人間は『現在』
    しか生きられない。だから今にコミットする、今この一瞬に全力で取り組むことが大事だ。」という部分に共感。

  • つまらない

  • 20170208登録

全47件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ムダにならない勉強法のその他の作品

ムダにならない勉強法 Kindle版 ムダにならない勉強法 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

ツイートする