うまくいったやり方から捨てなさい

著者 :
  • サンマーク出版
3.66
  • (4)
  • (14)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763137067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事なところが太字やマーカーで強調されているので、内容によって拾い読みしたりきっちり読んだりできました。
    全体的に読みやすい文章で、共感できる部分が多かったと思います。

    「その時々でいろんなモードがあっていい」
    「一人で全部できないのは当たり前」
    「なりたい自分になっていい」
    という言葉で自分のことを肯定された気がして、気持ちが楽になりました。

    アウトプットする習慣をつけると成長するスピードが格段に上がるそうなので、感想を書くのはすごく苦手ですが初めて投稿しました。
    継続していきたいです。

  • 当たり前のことばかりなのに、はっとさせられることばかり。前に進みたいという人が読むと背中押される。うまくいかない時に読むとまた頑張ろうって思える、そんな本。

  • 最初の方は割となるほど!と思えるけども、読み進めるにつれてよく聞くよく見る内容で、もはや後半よく覚えてないレベル。タイトルの期待度には沿わなかった。でも発想としては納得。

  • 久しぶりの星5!
    新世代の自己啓発本、新しいパラダイムに向かっているこの社会を生きる上で大切なことを教えてくれている。

    読み始めていて浮かんだのは、シルクドソレイユの話。
    サーカス低迷期に今までのサーカス概念を全てひっくり返すところからやり方を考えていった手法を思い出した。

    「空気を吸うように出来ること」は天分を見つける上で重要な視点だ。
    進化→辛化→深化→真化の4サイクルも今の自分にとても響いた。

    自分の葛藤や悩みに名前をつけて客観視する方法は、当事者研究のそれとほとんど重なる。

    サーカス再建の話も当事者研究もそれぞれ知っていたが、それはその場限りの話でなく自分にも転用できると感じられたことが大きな収穫だった。

    ひと通り自分のフィールドで成功を果たし、さらに自分らしく生き生き進んでいきたい、という人にはうってつけの一冊。

    『たいせつなのは、影響力が大きくなればなるほど「自分の感覚を中心に生きる」という意識なのです。』

  • 第一章はタイトルに関する内容。
    ここは確かになるほどなぁと思える内容だったのだが、
    後半にいくにつれ、テンプレ系の自己啓発になり、新鮮味が薄れる。
    よって星3。

  • 【No.184】「自分を今いるステージに連れてきてくれた考え方やスキルが、”もっと高い、別の目的地”に連れていってくれることはない」「これまでとは違う、多くの場合、これまでとは真逆にも見える、新しい教えや考え方が必要になる。それを受け入れられるのか、そこへ移行できるのかどうか。それが、人生のステージが変わるときに試される」「人生を変えたいなら、ステージに合わせて古いやり方や考え、もっているものを捨てること。そして、今まで自分が知らなかったやり方や考え、手法を取り入れること」「大事なのは、止まらずに何かをやろうとすること。止まらずに、今、やれる範囲で動いていること」「好かれようとするために頑張るほど意味のないことってありません。お肉屋だったら、お肉が好きな人に好かれればいい。お寿司屋だったら、お寿司が好きな人に好かれればいい。あなただったら、あなたのことが好きな人に好かれればいい」「自分がほしい結果をすでに出している人に教えてもらう。これが、何か成果を出そうと思ったときの第一優先事項」「”成功”や”成果”を求めようとするときには、”何をやるべきか”を考える。一方で、”自分とはなんぞや”とか”幸せ”を求めようとするときには、やるべきことではなくて”やらないこと”を決めることが肝」「”自分に価値があることにしておく”こと。完全に信じられなくてもいいから、とりあえず、自分には価値がある”テイ”で生きてみる」「自分には魅力があると認めて、きちんとそれを世の中に発揮していく。それは、あなたがあなた自身に対して果たすべき”責任”なのです」「大切なのは、影響力が大きくなればなるほど”自分の感覚を中心に生きる”という意識なのです」

  • 著者自身の経験から紡ぎだされた内容なのでしょうけれども、再現性、つまりほかの人が同じようにやってうまくいくのかどうか疑問に感じました。この手の本は人によって響く・響かないが別れますね(自分は後者でした)。

  • 腑に落ちる言葉がたくさんありました。

    色々なことに挑戦し、こなれてきた人にオススメの一冊。
    何度も読み直して、自分に合った取捨選択力をつけていこう。

  • 終盤の「心の葛藤」の原因をアクセルとブレーキで表現したところが面白かったです。

  • 中卒で元パチプロの経営者という変わった経歴をもつ著者の経営論。

    わかりやすくて文章も面白い。

全13件中 1 - 10件を表示

うまくいったやり方から捨てなさいのその他の作品

椎原崇の作品

うまくいったやり方から捨てなさいを本棚に登録しているひと

ツイートする