よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑

著者 :
  • サンマーク出版
3.28
  • (15)
  • (29)
  • (55)
  • (16)
  • (5)
本棚登録 : 1743
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763138019

作品紹介・あらすじ

(編集中)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 14のシーン別に、元になるフレーズと、言い換えたフレーズ、なぜ言い換えるのか理由が載せられている。最後の1章は、NGワードとその理由。ビジネスシーンにおいて使えるものが多かった。

    先ずはメール等で文章を打つ時に置き換えてみて、慣れたらスラスラ出てくるようになればいいな。

    こういうタイプの本はよくあるけれど、時代によって言葉は変化するので、私は「定期的に読み替えるようにしたいな。」と思って読んでいます。
    (例えば、何か差し上げる時に、昔はつまらないものですがと言っていたけど、今は使わない方がベターだとか)

  • 意図せず相手を怒らせてしまうことが続き、本屋さんでジャケ買い。。

    え、それ、失礼なの!?というものが多く、手元に置いて、メールなど都度確認したい。

    贅沢を言えば、辞書的に使えるように、目次、もしくは索引を充実させてほしかった。が、★-1にするようなものではない。

  • とても勉強になった。
    年代や距離感など人間関係が複雑化していく中で、目上の人や友人、恋人との会話やメールなどの文字のやりとりに悩むことが増えた。無意識に失礼な言葉をつかっていたり、嫌な思いをさせてしまっているとおもった。この本で得た知識(思いやりのある言葉、場を弁えた正しい言葉)を生かし実践して、お互いが気持ちの良い関係を築けるようになりたい。

  • 【越野】
    言っちゃってるな〜ということや、それはそういえばよかったのか〜と思うことが多々あり、勉強になりました。日常何気ない会話や言葉ですが、気をつけて会話することでお互い気持ちよくコミュニケーションがとれるようになるなと思いました。大人の言葉を子どもはマネするので日頃から気をつけようと思いました。

  • 言っちゃってるな〜ということや、それはそういえばよかったのか〜と思うことが多々あり、勉強になりました。日常何気ない会話や言葉ですが、気をつけて会話することでお互い気持ちよくコミュニケーションがとれるようになるなと思いました。

  • 会社の上司が紹介しているのを見て手に取りました。仕事柄、色んな年代の方と接するので、褒め方や叱り方に悩んでいました。
    ポップな表紙とは裏腹に難しい方法が載ってたらどうしようかと思いましたが、普段使ってる言葉を別の言葉に言い替えたり、考え方・気持ちの持ち方の転換の仕方が載っていて、日常生活にすぐ応用しやすかったです。
    色んな人と仕事を共にしていきますが、仕事で関わる人を自分で選択することはとても難しいと思います。しかし、この本に書いてあることを実践すれば良い人間関係を気づきやすいのかなと思いました。
    教えてくれた上司、ありがとうございます。

  • 自分でも無意識に言ってるようなことが、相手の気持ちを害してしまってる時があるのだと知りました。逆接の言葉のでも、だけど、など癖になっている感覚があるので意識して場面ごとで判断して使えたらなと思いました。この先もちょこちょこみて復習したいと思います。

    この本の内容は、人との良い関係を築くための言葉遣いが主に紹介されているのですが、相手によってコミュニケーションの仕方があると思うし、相手によって接し方も変わるので、一概に全ての人間関係のケースに当てはめるのは難しいかなと思いました。

  • 当たり前のことではあるけど、ちょっとした伝え方を意識するきっかけによい◎
    ただ文例によっては私は好かれる言い方の方がキツく感じるぞ…と思うやつが何個かありました。そう言うところも含めコミュニケーションを円滑に取るのは難しいと認識できたので読んでよかったかな

  • 漫画も挟まれており、わかりやすいです。
    言い換えできっと相手にも好印象を与えられそうだな、と感じました。
    何度も読み直したり、状況に合わせて本を見返したりすれば
    身についていきそうだな、と思いました。

    ポジティブな言い方と締める、評価した言い方にしないなと
    心がけていきたいです。

  • いままで言われた事/言ってしまった事を思い出しながら読みました。

    【 1 】コミュニケーションが上手な人は余計な言葉は足さない。シンプルに。
    【2】ポジティブなフレーズは繰り返す。ネガティブなフレーズは言い換える。
    【3】"こんなこと言いたくないんだけど" → "気になっているので伝えておくね"
    【4】"何故?"は『デンジャラスクエスチョン』

全57件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一般社団法人日本メンタルアップ支援機構(メンタルアップマネージャ®資格認定機関)代表理事。法政大学卒。産業カウンセラー、2級キャリアコンサルタンティング技能士。
企業内カウンセラーとしての長年の現場経験を生かした、人間関係改善スキルを得意とする。コミュニケーション・ハラスメント・メンタルヘルスに関連する行動変容に直結する研修・講演を、防衛省をはじめ、大手企業等で年間150件以上行う。また、だれでも参加できる「生きやすい人間関係を創る」コミュニケーションスキルを1日で学べる「メンタルアップマネジメント講座」を開催している。
著書『「かまってちゃん」社員の上手なかまい方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『言いにくいことを伝える技術』(ぱる出版)ほか、メディア出演多数。東洋経済オンラインにて2019ロングランヒット賞を受賞。

「2020年 『よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野萌子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
伊坂 幸太郎
スティーヴン・ガ...
辻村 深月
齋藤 孝
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

よけいなひと言を好かれるセリフに変える言いかえ図鑑を本棚に登録しているひと

ツイートする
×