Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法

  • サンマーク出版
3.66
  • (62)
  • (123)
  • (108)
  • (18)
  • (9)
本棚登録 : 2694
感想 : 131
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763138026

作品紹介・あらすじ

(編集中)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 問題 あなたは車を運転して時速100キロでAからBに向かい、帰りは時速50キロでBからAまで戻ってきた。あなたの往復の平均速度は、時速何キロだろうか?

    ふつう、「75キロ」って答えそうだけど、残念ながら間違いです。この問題は、「認知反射(=直観)」を正解だと思い込むべきでないことを端的に示している。

    本書は、間違った思い込みを避けるための考え方をわかりやすくまとめている。52章に短く分けて述べられているので、時間がなくても少しずつ読み進められる。
    生きていく上で必須の知識が詰まっているのでこれで1,700円は安いかな。「Think clearly」と合わせて読みたい。


    ・「幸福」を手に入れるのではなく「不幸」を避ける。
    思想や行動の誤りを排除すれば、よりよい思考や行動が自然にできる→ギリシャ人やローマ神などは「否定の道」と名付けた。

    ・どんな理由であっても、例え根拠がなくても、「理由」があれば人は安心する。理由は人間同士の潤滑剤である。

    ・血糖値が下がると、よい決断が出来なくなる。だから、偉い人の前でのプレゼンは朝一がよい。

    ・自分が「時間」と「労力」を費やしたものは、過大評価してしまう傾向がある。距離を置いて「結果」を見ること。

    ・初頭効果と親近効果があるため、何事においても途中が印象に残りづらい。

    ・採用面接では、相手の「発言」ではなく、「過去の実績」に注意を払う。

    ・自分自身の思考の異端者になること。なぜなら、自分の内面を見る目はあてにならないから。

    ・何もせず、数字だけで印象を良くすることはできてしまう(ウィル・ロジャース効果)。騙されないように気をつけること。

    ・スキルの錯覚が蔓延しているが、成功の決定的要因は「運」だ。

    ・「不確実さ」にどの程度耐えられるかは、生まれつきのアーモンド(扁桃体)のつくりによる。

    ・「起きていないこと」を考えることは難しい。「存在しないもの」は気づけない。(特徴肯定性効果)

    ・物事は、多くの要因が積み重なった結果として起きる。しかし、たった一つの原因だけを突き止めようとしがち。(単一原因の誤謬)

    ・思考することを怠ったり、未熟だったり、ものを知らなかったりすると、頭の中は不明瞭になる。そして不明瞭を覆い隠そうと、無駄話が長くなる。

    しかし、言葉にできない(うまく話せない)部分が全て重要でないわけではない、なぜなら…

    ・我々は、言葉にできる知識を極端に過大評価する傾向があるが、世界には言葉にできない知識も多く存在する。

    からである。そして、

    ・重要な知識は、言葉にし難いから、得てして本では得られず、実践を通して得られることが多い。
    読書ばかりしていても、自分のためにはならない…

  • 人間が習性として犯しやすい過ち:バイアスの図鑑。

    52の項目が並べられています。

    それを52の錯誤といっています。

    中にはよく知られたものも多く納得感があります。

  • 賢く考えるには陥りがちな考え方の癖を変えないといけないことがわかった1冊
    普段陥っている偏った見方をどんどん指摘され、さらっとはわたしには読めませんでした。確かにこれを全部意識して行動できたらスマートになるだろうなと感じました。とはいえ、著者もできていなさそうです。。

    ●選択するときは「次善の選択肢」と必ず比較する
    いいもの見つけた!いいこと考えた!と飛びついていませんか?(わたしです)確かに時間はかかりますがここで次善の選択肢と検討したほうがより賢い選択ができますよね。

    ●確信を持っていることほど思い違いをしている可能性が高い
    仕事で「これで完璧だっ」と思って出した資料が全く受け入れられなかったことありませんか?自分も相手も同様の考えと無意識に思ってしまっているのです。完成前に方向性を確かめることは他の自己啓発本でも書かれています。

    ●好きと感じるものにはリスクは少なく、利益は大きく感じる
    思い当たりませんか?たとえば、好きな食べ物を選ぶときは「おいしい」という利益が「糖分のとりすぎ」などリスクを簡単に上回りますよね?笑(わたしです)その感覚が「好き」と「嫌い」の違いと思いましたが、そこで一旦立ち止まって「本当にリスクが少ないのか?」と考えられるって思慮深い人しかできないと感じました。

    ●本書はニュース断ちも提案しています。
    ニュースになるような派手なことばかりが大事なことではない。これは「NewsDiet」(感想かいています)で1冊の本になっています。気になったかたはぜひ読んでみてください!(ブクログ評価も4以上★感想執筆時点)わたしはこれを読んでからネットニュースを絶ち、TVを撤去しました笑

  • ◎幸福になる方法は人それぞれだけど、不幸になる方法は共通している。正解はないけど、不正解はある。といったアプローチから不幸になる方法を科学研究を元にまとめた本。時期によって響くパートが異なると思うので、ぜひまた読みたい。

  • 昨年「Think clearly」を読んで面白かったので今作も購入、スイスの作家ロルフ・ドベリが「思考の誤り」についての52パターンを解説した著書。最近はデータから解析した内容をもとに「世の中の思い込みをなくそう」的な書籍が多いのだが、本作は認知心理学や社会心理学をはじめとした学術研究に基づきまとめられている。実際に起こった事例を心理学見地から検証する内容なので、非常にわかりやすかった。

  • 何度も読み直したい本です。
    行動経済学との関連も強い。

  • 全部で52個の思考について書かれているが、一つ一つが短くて読みやすい。時間がなくても読み進めやすいと思う。
    全部が参考になるわけではないが、参考にしたいと思うものはいくつかあった。
    知っていれば少し生きやすくなるかも。

  • 余計な情報をシャットダウンすることでマルチタスクや意志力低下を防ぐと共に、自身の思考や記憶さえも疑ってかかる意識を持つこと。
    計画には20〜50ほどの段階に分けた明確な計画をたて、自分でコントロールできる物については自分にできると期待を持とう(プラセボ効果) 出来ると思い込むだけで脳は影響される。背水の陣や時間制限も有効。逆に、自身でコントロールできない物事については、予測不可能であることとパターンは偶然に過ぎないことを意識しあくまで期待しないこと。計画実行前には、計画な失敗したこと想像し、何故失敗したのかを思いつく限り全て書き出してみよう。

    ハンマーを手にする者は全て釘にみえる。
    職業や得意分野が視野と思考の偏りを生む。思考の幅を広げるために他分野も学ぶ。
    しかしながら、専門分野のなかで狭くともキングとなれる領域を手にすることが最も成功確率が高い。


    ・ミケランジェロ
    どのようにしてダビデ像を作り上げた?
    →「ダビデではないものを、すべて排除したのです」

    ・「すべきでないこと」は「すべきこと」より、はるかに影響力がある

  • 思考の罠を52個、それぞれに解説をしている本。割とよく見る話もあるけど、1つ1つ丁寧に解説されている。
    「努力の正当化」とか有名だよね。労力をかけるほど価値がなくなっても捨てられない。
    理由があるとイライラする、逆に理由があればよい、というのは、面白い。何の説明もなく「よろしく!」と言われるより、「体調が悪いからよろしく」と言われるほうが納得感がある。やること変わらないのに。
    遅刻が多いことの対策として罰金制にしたら、余計遅刻が増えた、っていう話も有名だよね。お金じゃダメなんだよね、っていう。お金によるモチベーションは弱い。。。
    また、人は自分の意見が「多数派」と思いがち、というのは、確かによく陥るかも。。。 いろんな意見があるのは当たり前なんだけど、でも自分が「多数派」だと思ってしまう。。。
    選択肢を提示されると、ほかの選択肢があることに考えが及ばず、提示された選択肢から選んでしまう、というのは、ふむふむ、と。これ、昔はよく陥ってたかも(今でも・・?)。また、選択肢を多く抱えておくことは、抱えることに他するコストをちゃんと考えないとね、というのも納得感あり。特に精神的なコストって大きいよね。キャンセルできるからとりあえず押さえる、とかも、選択肢が増えているのでよさそうだけど、「どういう条件でキャンセルする?」とか考えることは増えていて、果たしてトータルでプラスなのか、と言われると。。。
    情報が多いほど良い決断を下せるわけではない、というのもよく聞く話だけど、ついやりがち。。。
    第一印象は意外とあてにならないけど、大事、というのは逆に言うと、一番初めに意見を言うことで多少なりともコントロールできるのか。

  • スイス生まれのの元実業家、ロルフ・ドベリ氏が紹介する陥りやすい思考について52項目記載されている。ビジネスマン、特に部下からの報告を元に意思決定したり、指示を出すことが多いマネージャー層に是非読んでほしい作品。私自身も知らず知らずのうちに思考の罠に陥っていることが判明した。より良い人生を送る為には幸福を手に入れる事ではなく不幸を避けることが重要。間違った思い込みを避けて賢く生きたい人のバイブル。

全131件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、実業家。1966年、スイス生まれ。
スイス、ザンクトガレン大学卒業。スイス航空会社の子会社数社にて最高財務責任者、最高経営責任者を歴任の後、ビジネス書籍の要約を提供するオンライン・ライブラリー「getAbstract」を設立。香港、オーストラリア、イギリスおよび、長期にわたりアメリカに滞在。科学、芸術、経済における指導的立場にある人々のためのコミュニティー「WORLD.MINDS」を創設、理事を務める。35歳から執筆活動を始め、ドイツやスイスの主要紙にコラムを執筆。その他、世界の有力新聞、雑誌に寄稿。著書は40以上の言語に翻訳出版され、累計発行部数は300万部を超える。『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』『Think Smart 間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法』(ともにサンマーク出版)は日本でもベストセラー。スイス、ベルン在住。

「2020年 『Think right 誤った先入観を捨て、よりよい選択をするための思考法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロルフ・ドベリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
出口 治明
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×