(文庫)本質を見抜く考え方 (サンマーク文庫)

著者 :
  • サンマーク出版
3.42
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763160003

作品紹介・あらすじ

一見もっともらしく思える他人の判断や見解に惑わされることなく、「自分の頭で考える」ためにはどうしたらいいか。国際政治学者として、また歴代内閣ブレーンとして、つねに新しい情報を集め、検証し、独自の見解を導き出さねばならない立場の著者が初めて明かした、世の中の真実に迫るための53の実践的思考法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むのに疲れる。
    話が二転三転して結局何が言いたいのかわからない。
    話の筋が見えない。

  • 読んでから時間が経ってしまったため内容をよく覚えていないが、本質を見抜くための参考にはあまりならないなー、と感じたのだけは覚えている。

    以上

  • そもそも人間は論理的思考が得意ではない。直感を大事にした方が間違いは少ないという考え方には賛同する。

    全員が同じ意見の結論は、しっかりと考えられていない。

    考えたことを詳細まで落とし切ってから行動するのではなく、大雑把にまとまったらすぐに行動に移す。

  •  著者は歴史関連のものを中心にいろいろ書いておられるようだ。あらゆる物事への知的アプローチを示してくれると同時に、歴史的な裏話が非常に興味深い。いわゆる思考方法論本好きなあたしとしては注目したい著者。

  • 面白い!学者の本はあんまり読んでなかったので世界と日本の思考の違い、日本の歴史にも触れている点、懐かしかった。なにより、本質を見抜く考え方。勉強になる。3回は読もう。

  • 短い章立てでサクサク読める。書いてある事は的確かつ明確であり、とても参考になる。世の中には、根拠も分からない未来予測が溢れているが、実は筆者も言うように、歴史的事実から推測した方が遥かに的中率は高いのだろう。定期的に読み返して、自己を振り返りたくなる本である。

  • 背筋が伸びる気持ちになる本。

  • (欲しい!/文庫)

  • 【キーアイデア】
    目的意識

    【目的】
    物事の本質を掴み、実体を見抜くために訓練したいから。

    【引用】
    ・脅威やリスクを見てみぬ振りをし、対立を避けて誰とでも名核使用とするのは行き着くところ、「滅びの哲学」に他なりません。
    ・宙ぶらりんに耐えること。
    ・とにかく一度結論を出す。
    ・行動しながら考える。
    ・動あれば反動あり。
    ・面白いと感じる方を選ぶ。
    ・「択一」より「共存」を意識する。
    ・国単位ではなく、文明単位で観る。
    ・天下国家も「自分の問題」として捉える。
    ・国を知るには、まず「神話」を知ること。
    ・「早く」見つけ、「遅く」行動する。
    ・危機はまず「人心の変化」に現れる。

    【感じたこと】
    ・世の中の現象を自分の感性と知性で読み解き、ストーリー化することが、本質へと近づく第一歩なのだと思った。自分で感じる疑問や違和感をそのままにしないでもう一歩進める。

    【学んだこと】
    本質とは己と世界を結ぶ一本の誘い糸

  • 『本質を見抜く「考え方」』/中西輝政/★★★★★/京都大学の国際政治学者が自らの経験から物事を考えるさいに有益になるものを抽出して、それを現実世界の出来事に照らし合わせて述べていくという形。ここに書かれている考え方を身につけたい!近いうちにもう一度読み返したい。

全10件中 1 - 10件を表示

(文庫)本質を見抜く考え方 (サンマーク文庫)のその他の作品

本質を見抜く「考え方」(ポケットブック) 単行本(ソフトカバー) 本質を見抜く「考え方」(ポケットブック) 中西輝政
本質を見抜く「考え方」 単行本 本質を見抜く「考え方」 中西輝政
本質を見抜く「考え方」 Kindle版 本質を見抜く「考え方」 中西輝政

中西輝政の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
マーク・ピーター...
ジェームズ アレ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

(文庫)本質を見抜く考え方 (サンマーク文庫)はこんな本です

(文庫)本質を見抜く考え方 (サンマーク文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする