(文庫)結婚までに、やっておくべきお金のこと (サンマーク文庫)

著者 :
  • サンマーク出版
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763160430

作品紹介・あらすじ

「いつか結婚したい」と思っている人。結婚間近の人。「あこがれ」と同時に「不安」を感じている人。そんなあなたのために、お金の専門家、ファイナンシャル・プランナーとしてたくさんのカップルのコンサルティングをしてきた著者がアドバイス。「シングルライフ」と「結婚ライフ」の違い、婚活、結婚資金と結婚式、子ども、事実婚などなど、「あかるい結婚生活」を送るためのお金のヒントがたっぷり。文庫書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすく、勉強になりました。
    またもう一回くらい読んで理解を深め、
    いずれの結婚などなどに備えたいです。

    まずは貯金をしっかり貯めます!

  • 周りの人の意見を気にしすぎてたかもしれない。

  • お金の使い方の目安を知れて少し安心できた。
    何事も、計画的に。
    収入の15%を貯金に。
    夫婦均等に貯める。

  • * 読了日20170505
    * 購入日20170109

  • タイトルこそ、「結婚までにやっておくべき」お金のことであるが、20代~30代前半の学生・社会人に必要なお金の知識がコンパクトにまとまっており、男女問わず、また、既婚・未婚・彼氏彼女の有無を問わず、読んで損のない一冊である。
     結婚に対する考え方から始まり、社会人として必要なお金の知識、1人暮らし(親からの自立)の大切さ、更には婚活の話まで網羅している。
     結婚式や結婚生活に関するお金についての基礎知識を知るだけでなく、自らのお金に対する考え方・使い方などの、現状を見直すきっかけにもなる一冊である。

  • この人の、割合を使った説明の仕方が毎回分かりやすいなぁと思う。
    収入の15%を貯めて生涯資産を出してそのうち教育に何割住宅に何割老後資金に何割とか。結婚資金は貯金の3割、とか。
    長い目で全体を見て、そこから細かいところに落としこんで作戦を練っていくという考え方が身に付く感じがする。

  • 2014、10、26
    30歳までに年収分の貯金箱。
    緊急口座、特別口座がたまり、年収の半分の貯金が溜まれば、投資始める。
    結婚資金は、貯金の3割。残り7割で、新生活のスタート。
    2016、11、13
    妊婦健診の補助(市町村)、出産育児一時金(健康保険)、出産手当(健康保険)、育児休業給付金(雇用保険)、児童手当(市町村)

全7件中 1 - 7件を表示

(文庫)結婚までに、やっておくべきお金のこと (サンマーク文庫)のその他の作品

中村芳子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
東野 圭吾
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする