(文庫)心を上手に透視する方法 (サンマーク文庫)

制作 : 福原美穂子 
  • サンマーク出版
3.61
  • (3)
  • (9)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763160454

作品紹介・あらすじ

「人の心をのぞいてみたい」と思ったことはないだろうか?身ぶりや顔の表情、目の動きといった身体の表現から相手の本心を読み解く「マインドリーダー」。心を透視する超プロである著者が、日常生活で使える「マインド・リーディング」のテクニックを紹介する。コミュニケーション力が高まり、人生が好転するヒントが満載。話題騒然のデビュー作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった。とても為になった。
    これを読んで魔法を使えるようにコツが書いてあることを望んでいたら拍子抜けするかもしれないが、
    手法が論理的に書かれていた。
    実践出来るかは練習をこなすしかないと思う。

    そしてこの筆者が“良人”であるのと確信出来たのは最終章でのある1文だった。
    タイトルの内容とは異なるがこの1文がこの本の真髄だと思う。

    他人に対して思いやりのやい方法で成功しても、その結果として他人があなたに対して思いやりをもたなくなる可能性が高い。
    思いやりの心をもって何かの目標を達成したら、その結果として、親切な人があなたの周りに集まってくるだろう。
    あなた自身が、何が適切か判断すればいいのだ。

  • ・自分は運がいいと思っている人程幸運に恵まれる。
    ・72時間以内にとりかかりなさい!
    ・透視は思いやり。
    特に2つ目が私にささりました。(でも取りかかってない案件があるのが情けない)
    いろんなアドバイスが載ってますが、これまた全部覚えられないので、折を見て読み返してみたい。

  • 心理学の本でありながら自己啓発的要素も含まれている本だった。

    筆者は元々趣味がマジックの通訳者。
    少しでも速く話し手の話す内容を理解する為、
    挙動や癖などの
    人間観察を研ぎ澄ませていく訓練を
    重ねるうちに
    なんと話す前から話す内容が
    想像がつくようになってしまったという。

    透視という標題だが
    他人の無意識に介入して暗示をかけさせる
    方法の説明があり
    営業テクニックとして使えるような技術も多く盛り込まれていた。

    この本を読んで、時間がある時に人間観察を
    意識するようになり
    自分がどう見られているかも
    意識するようになった。

  • 一度読み返す必要あり

  • 動作、仕草、挙動から相手を見抜く技術がほしい。ドイツ語から日本語への翻訳は大変だったにちがいない。

  • 心理学ではない。ただのジョーク。

  • 読心術のプロが記した本。

    内容は相手の思考や感情を察知する方法で、現状の自分が最も求めている内容だった。

    重要なのは、観察力。

    もっと細かく、広い視点で見ることを意識し、練習する。

全8件中 1 - 8件を表示

トルステン・ハーフェナーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルステン・ハー...
松下 幸之助
佐々木 圭一
リンダ グラット...
デール カーネギ...
伊集院 静
有効な右矢印 無効な右矢印

(文庫)心を上手に透視する方法 (サンマーク文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする