(文庫)カイジ「命より重い! 」お金の話 (サンマーク文庫)

著者 :
  • サンマーク出版
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763160867

作品紹介・あらすじ

シリーズ2000万部を突破した大人気漫画『カイジ』を、経済ジャーナリストの著者が「お金の教科書」として解き明かします。著者は、私たちに足りないのはお金を「使う知識」と「守る知識」だと言います。「お金がない」原因は、収入や貯金額の低さだけではなかったのです。本書では、つい陥ってしまう思考のクセから知らぬ間にお金を奪う社会の仕組みまで、今知っておきたいお金の本性を学べます。お金の悩みがある方も、ない人も、必見です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 限界効用逓減の法則
    その時に感じる満足感がどんどん減っていくという意味。

    お金を使えば使うほど、一円をかるんじていく。
    そして、お金がない時なら、きにするような金額を気にしなくなる。

    参照基準点

    当たり前の基準が変わってしまう。
    どんどん当たり前が上の基準になってしまう。


    将来のリターンが見込めないものは、
    投資ではなく、浪費。

    リターンを言語化できないものもそう。

    何かを買うことが目的になっていないかを問う。
    ご褒美ショッピングは、苦労して手に入れたお金をうしなう。
    ストレスをためて、ストレスを発散するために働いて稼いだお金を使う。そしてお金がなくなる。

    3000円の飲み会は、
    三時間働く必要がある。

    過去にとらわれると、
    ベストな判断ができなくなる。
    なので、「過ぎてしまった過去」である、サンクコスト
    は無視することが正しい判断をするために必要なもの。


    どんな制度にも穴がある。
    重要なのは、自分がつくった制度に穴があることを理解して、
    そこを疲れたときの対処法を考えておくこと。

    持っているお金を使うときには
    なかなか気づきにくいことですが、
    おかねを使うということは、まぎれもなく
    「これから自分はその分働きます」
    ということ。

    余裕があるからといって使うと働かないといけなくなる。

    欲は刺激されるから膨らむ。
    なら、刺激を取り除けばいい。

    迷ったら変化を取れ
    それが人を変化に強くし、
    変化に対応できるようにする。

  • 2018.2.12

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

こぐれ・たいち――作家。一般社団法人 教育コミュニケーション協会代表理事。1977年千葉県生まれ。慶應義塾大学を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て、独立。ビジネス書作家として著した書籍の発行部数は累計167万部に上る。大学の経済学部在学中に『資本論』をわかりやすく解説した本を執筆しロングセラーに。約9年間の会社員生活を経て、現代日本人の「幸せな働き方」を目指し、リアルな現場と経済学の両面から分析・提言する。フジテレビ「とくダネ!」、チバテレビ「りえ&たいちのカイシャを伝えるテレビ」、NHK「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書には、『今までで一番やさしい経済の教科書[最新版]』(ダイヤモンド社)、『カイジ「勝つべくして勝つ! 」働き方の話』(サンマーク文庫) 、『超入門 資本論 』(日経ビジネス人文庫)など多数。

「2018年 『人生格差はこれで決まる 働き方の損益分岐点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木暮太一の作品

ツイートする