シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)

制作 : F.David Peat  管 啓次郎 
  • サンマーク出版 (1999年2月発売)
3.23
  • (1)
  • (2)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 30人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763180674

シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シンクロシティの概念が、ウルフガング・パウリの電子配列の排他原理と関連があるとはおもわなかった。パウリはノーベル物理学賞を受賞した有名な学者だ。元素記号と周期表が高校の科学で教えられるが、それは電子配列の規則性を発見したパウリさんの研究の賜物なのだ。この高名な科学者とカール・ユングの共同作業でシンクロニシティの概念が生まれたことにまず一番驚かされた。

    この本を読みすすめていくと、自然科学が現代思想だけてなく信仰の役割を果たしていることに気づかされる。学生時代にどこかで誰かが言ってた中で聞いたことあったような意味合いだが、今になってらその意味を知る。欧米人は、自然科学を自分たちで、生み出しただけに、その限界や誤認する可能性のことをよく知っている。しかしそれを追いつこうと必死にモノにしようととした日本人にはそのネガティヴな面の認識がほとんどない。自然科学の考察は万能でもっとも正しいという思い込みが、西洋人より強いように思う。
    しかしながら現在の最良のツールであるともいえる自然科学の方法を踏まえて、次の時代を担う、認識もしくは把握することのできない概念を対象とするとき際の方法に関して、既成の方法論からの飛躍を成し遂げるためには新しいスキーマが多分必要てまあり、それは量子物理学や統一場理論で既に唱えられていることだが、その先行く場所に行くためのパラダイムシフトがどんな形で訪れるのかを予感させられる本だとおもう。

  •  精神世界と物質世界をつなぐものがシンクロニシティなのだ。この宇宙は因果律(原因と結果の連鎖)だけで支配された世界ではない。意味のある偶然の一致をシンクロニシティという。相互に影響しあいながらものごとが同時進行する状況をわたしたちは偶然目にする。

     量子の世界ではニュートン力学は通用しない、混沌とした世界なのだ。そこにはわたしたちの時間、空間の概念とは別の世界が広がる。過去も未来も現在でさえも混ざり合う世界をイメージすることは難しいが、わたしたちにメッセージを与えインスピレーションを促す仕組みがどこかにきっとあるのだろう。

  • ★★

  • 意味のある同時生起

  • GD

全6件中 1 - 6件を表示

シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)のその他の作品

SYNCHRONICITY ペーパーバック SYNCHRONICITY F.デヴィッドピート
シンクロニシティ 単行本 シンクロニシティ F.デヴィッドピート
Synchronicity: The Bridge Between Matter and Mind ペーパーバック Synchronicity: The Bridge Between Matter and Mind F.デヴィッドピート

F.デヴィッドピートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
遠藤 周作
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

シンクロニシティ (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ)はこんな本です

ツイートする