アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法―もう“いくじなし”とは言わせない (サンマーク文庫)

著者 :
  • サンマーク出版
3.54
  • (2)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763180995

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・子どもに判断させる。
    失敗しない道を親が準備するのは甘やかし。
    親はセールスマンではなく、御用聞きに徹する。⇒自信につながる。
    ・共感する。子どもが何歳であろうと大人扱いをする。尊敬もする。
    ・気が合わないのは仕方ない。無理してもすぐにNG。何人か友達ができればそれでOK
    ・Positiveに考える。引っ込み思案⇒じっくり考えてから行動するタイプ。

  • 勇気づけの子育てで有名なアドラー心理学の基本がよくわかる本。子育てにおいて何が必要で何がまずいのか、非常に論理的に理解できる上、わかりやすく読みやすく、単行本の初版1994年と少し古いのですが、久々の大ヒット。子育てだけでなく、自分自身の考え方の基本として、応用できる。子どもは「この世界の一員である」という所属感によって勇気づけられる、とか、子どもの行動の背後にある心理ではなく、行動その物だけを注目する、とか、勇気づけは、ないものを与えるのではなく、もともとあるものを上手に引き出すこと、とか、どんなに問題のある子どもでも「尊敬」と「信頼」で接するのが勇気づけの基本、とか、親の助言は「セールスマン」的押し売りでなく「ご用聞き」くらいでちょうどいい、とか、できた・できないでなく、協力・貢献に注目してやるのが勇気づけの基本、とか、褒めるのも叱るのも子どもを支配したいということでは変わらない、とか、「忙しいから後にして」の一言が、子どもの勇気を大いにくじく、とか、とにかく、耳が痛いというか、う〜んとうならせられる内容。

  • 9.78E+12

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年東京生まれ。1984年、日本にアドラー心理学が紹介された当初からアドラー心理学の研究・啓発に携わる第一人者。これまで、アドラー理論によるカウンセリング・子育てアドバイス等で多くの人の問題と向き合ってきた。日本アドラー心理学会評議員などを歴任し、現在、子育てボランティア団体「わいわいギルド」代表。専門は個人カウンセリング、個人心理療法。 『面白くてよくわかる! アドラー心理学』『アドラー心理学で「子どものやる気」を引き出す本』ほか、アドラー心理学関係の著書多数。

「2017年 『困ったときは、トイレにかけこめ! アドラーが教える こころのクセのリセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アドラー博士の子どもを勇気づける20の方法―もう“いくじなし”とは言わせない (サンマーク文庫)のその他の作品

星一郎の作品

ツイートする