ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)

制作 : Gerald G. Jampolsky  大内 博 
  • サンマーク出版 (2007年2月1日発売)
3.62
  • (8)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763184290

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゆるしのレッスンについて知りたてく読書。

    『ゆるすということ』の2冊目となる本書は、私にはかえって難しくなったと感じる。常に自分の内に神を持つ、感じること。

    後半の日本のエピソードはやや誤訳のように感じるが、多くのの日本人が、欧米的な唯一神の神ではなく、あらゆるところに宿るカミの存在を感じていると思う「トイレの神様」のように。

    神というよりも自然や天、水、空気などの八百万の神というのほうが感覚的に理解できる。誰も人がいない、見ていないが、お天道様が見ているから悪いことができない。死んだお爺さんやお婆さんが見守ってくれるとか。

    そんな日本の伝統や習慣の価値を再認識させててもらえる。

    ゆるすこと、執着を手放すこと。自分を認めて、他人も認めること。
    それが世のため人のためであり、何よりも大切な自分のためである。

    ゆるしへの道はまだまだ修行が必要だと思う。

    また再読したい本。

    読書時間:約30分

  • まずは自分と相手をゆるすことで心が癒される・・・

  •  「ゆるすということ」の実践編。ゆるすためのレッスンがいくつも書かれている。神、神、神と連発されるけど、宗教の本ではない。ただただ、ゆるし、手放すこと。

  • そのままズバリ「ゆるしの実践」「ゆるす方法」について書かれているのかと思いきや、ちょっと違いました。原題は『神への近道』。なるほどです。内容はそのままズバリ「神に近づくためのレッスン」。想像とは違いましたが、読みやすく、分かりやすくてなかなかよかったです。

  •  ゆるす!

  • ゆるすということ~、よりもより信仰的要素が高くなってました。
    必要なことですが、日本人には一般向けできないかも。ホント、日本て寂しい国だな~。

全7件中 1 - 7件を表示

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)のその他の作品

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる 単行本 ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる ジェラルド・G.ジャンポルスキー

ジェラルド・G.ジャンポルスキーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
エーリッヒ・フロ...
ゲイリー・R. ...
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)はこんな本です

ゆるしのレッスン―もう、すべてを手放せる (サンマーク文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする