アドラー博士の子どものピンチを見抜く法

著者 :
  • サンマーク出版
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763193360

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どものピンチを見抜く法 星一郎 サンマーク出版

    広い視野の全体観と現実性を兼ね備えたアドラー流に子育て方法である
    西洋の分析学問の中で異質は輝きを持ったもので
    机上の空論を飛び越えた実践的解決へと導いてくれるだろう
    しかも自分で問題に取り組みながら自主的にお互いの参加をベースに
    実践できる確かさがある

    基本となるアドラーの心理学を確認するならば
    「アドラーの知恵」とか「アドラー心理学」などで深く理解できると思いますし
岸見さんの「嫌われる勇気」もおすすめです

  • アドラー心理学の本をとりあえず10冊読んでみよう、とした時に、こどもに関する本、教育に関する本があまりに多く絞り込みに悩んだ結果、他の本にあまり書いていないことがあるのかも?
    という視点で選びました。
    根幹のよく “ 〝観察 ” 〟するに関する手法と、その次のアクション、自発性を伸ばす話など、対こどもについて集約されていて、わかりやすい本だと思います。

  • この本に書いてあることはごもっとも!って思うところが多々。ただ、日本で一般的に考えて行われていることとは違うところもあるので、これを導入しようとして、うまく理解できていなかったら単なる過保護甘やかしなどになる可能性もあり?友達みたいな親ではなく、先輩みたいな親って感じかなぁ…そんな受け止め方をしたら失敗しにくいかもしれないけど、友達みたいに…って勘違いすると難しいかも。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1941年東京生まれ。1984年、日本にアドラー心理学が紹介された当初からアドラー心理学の研究・啓発に携わる第一人者。これまで、アドラー理論によるカウンセリング・子育てアドバイス等で多くの人の問題と向き合ってきた。日本アドラー心理学会評議員などを歴任し、現在、子育てボランティア団体「わいわいギルド」代表。専門は個人カウンセリング、個人心理療法。 『面白くてよくわかる! アドラー心理学』『アドラー心理学で「子どものやる気」を引き出す本』ほか、アドラー心理学関係の著書多数。

「2017年 『困ったときは、トイレにかけこめ! アドラーが教える こころのクセのリセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アドラー博士の子どものピンチを見抜く法のその他の作品

星一郎の作品

ツイートする