生んでくれて、ありがとう

著者 :
制作 : 高橋 愛 
  • サンマーク出版
4.05
  • (10)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763193704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ハンディのある子どもから、生んでくれたママへ

  • たくさんの人たちに、このことを伝えたい。

  • ママにあげました。

  • 子供が大きくなるにつれて、「私を母親として選んで来てくれたんだなぁ」と、感慨深いものがあります。生まれた意味をどう受け止めるかが大切なのでしょうね。

  • 読み終わってもしばらくは、涙が止まらなかったほどです。
    娘を亡くしてから、心臓病児の子どもを守る会で知り合ったママさんに教えていただきました
    絵もとても癒されます・・・

  • ハンディキャップは障害ではなく生きる条件のこと。それを持って生まれてきた赤ちゃんは自分で全てをそして親を選んで生まれてきた。赤ちゃんの魂がおかあさんに強く優しく語りかけてくれます。勇気と励ましを与えてもらえました。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1946 年熊本市生まれ。絵本作家・画家・詩人。創作絵本『ぼくのべんちにしろいとり』でデビュー。1990 年、創作絵本『風とひょう』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。1991 年、鎌倉市に「北鎌倉葉祥明美術館」、2002 年に「葉祥明阿蘇高原絵本美術館」を開館。ふみの日記念切手にオリジナルキャラクターの「JAKE」が採用される。主な著作は、読み聞かせ英語絵本シリーズ『夢みるジェイク』、世界の名作シリーズ『星の王子さま~ The Little Prince ~』( 共にJリサーチ出版)、ほか多数。http://www.yohshomei.com

「2018年 『いっしょにうたおう♪マザーグースのうた①』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葉祥明の作品

ツイートする