カシコギ

著者 : 趙昌仁
制作 : 趙 昌仁  金 淳鎬  金 淳鎬 
  • サンマーク出版 (2002年3月発売)
3.93
  • (34)
  • (20)
  • (37)
  • (0)
  • (1)
  • 192人登録
  • 39レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763194084

カシコギの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今まで読んだ本で、一番泣けました。
    息子を思って、色んな事を犠牲にしていく父親。
    本当に可哀想で、涙が止まりませんでした。

  • 白血病の息子を献身的に支える父親から、無償の愛というものを感じた。こんなにも一生懸命生きようとする人がいる。それを思った時に、1日たりとも無駄に過ごしてはいけないなと感じた。

  • 子が親を思う気持ち。親が子を思う気持ち。

  • 号泣。・(ノД`)・。

  • ずーっと積読本となっていた一冊。
    フト読む気になり、1日で読み終えました。

    妻と別れ、最愛の一人息子タウムは白血病に侵され
    仕事もなく、どん底の主人公チュン。

    ようやくタウムの骨髄移植ドナーが見つかり
    これから…という時に、自分自身が末期の腎臓がんが発覚。

    次から次へと不幸が襲いかかり
    どうしてここまで?と作者を恨みたくなるほどでした。


    私にも5歳の息子がいます。
    もし、息子が白血病になってしまったら…

    最後の望みである骨髄移植も不可能とわかった時
    最後の最後まで病院で苦しい治療を続けさせるのか?

    治療費がどうしても作れない時
    自分の角膜を売る犯罪行為までできるのか?

    今の私には、いくら考えても答えはでない事はわかっていても
    考えずにはいられませんでした。

    息子に対し、ちょっとした事で怒ってしまったり
    イライラしてしまう自分が本当に情けなくなりました。

    寝る。起きる。トイレに行く。
    食べる。飲む。歩く。走る。遊ぶ。勉強する。
    そして、息子が毎日笑っている事。

    そんな「普通」だと思っている日常生活の1つ1つが
    どんなに素晴らしく、感謝すべきことなのだと
    今更ながら痛感しました。

    最愛のタウムに、最後の最後に「愛してるよ」と言えなかったチュン。
    抱きしめてあげる事も、タウムの顔を見る事もできなかったチュン。
    本当にチュンの辛さが文章から伝わってきて
    最後は号泣しながら読みました。

    チュンが選択した行動は、正しかったか?と問われると
    意志の弱い私には、絶対にできない選択だったとしか言えません。
    個人的には、タウムには真実を話し、最後は一緒に過ごさせてあげたかった。
    きっとタウムは、たとえ大好きなパパを目の前で失う事になっても
    それでも、パパと一緒に過ごす事を選んだと思うから。

    いつか、大人になったタウムが、チュンの真意を全て理解してくれる日がくると信じたい。

  • カシコギというのは、オスが卵の子供が巣立つまで面倒を見て、そのあとすぐに死んでしまう魚。白血病の息子が完治するまで命がけで世話をする父親の話。

  • あなたが虚しく生きた今日は、昨日死んでいった者があれほど生きたいと願った明日

    カシコギはという淡水魚は雄が稚魚を育て、子が成長していくと自らは死んでいくという特性を持つらしいです。そのカシコギの象徴するような父と子の哀しく愛にあふれた一冊。
    祖母に薦められて読みました。今までで一番泣いた本です。

  • 韓国旅行中、韓国語勉強用になにか買おうと思って本屋に立ち寄り、たまたま手にとって朗読テープまで買い、そして勉強そっちのけで読み通してしまった(原書で登録できないのでこちらで。)
    美しく、悲しく、ひたすらな父子の愛に何度読んでも(聞いても)泣かされる。

  • 子どものために生きる親の愛…(T_T)

  • 韓国の作家、趙 昌仁(チョ チャンイン)さんの「カシコギ」

    「私が死のうとした今日は昨日死んで行った誰かがあれほど生きたいと願った明日。」

    その台詞を聞いて、思い出した小説です。
    確か4、5年前に韓国で買って来て読んだのですが。。

    本棚からひっぱり出してきて読み返してみました。。。。やっぱり泣けました。。

    韓国のお話はどうして。。。悲しいお話ばかりなのでしょうか。。。だからドラマとか映画とか、見なくなってたのに。。

    この本は本当に悲しすぎます。。。

全39件中 1 - 10件を表示

趙昌仁の作品

ツイートする