新しき啓示

制作 : Neale Donald Walsch  吉田 利子 
  • サンマーク出版
3.79
  • (9)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763194824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代でも通用する、素晴らしい啓示が9つ、綴られています。
    以下に転載....


    【第一の啓示】
    神は決して、人間と直接語り合うことをやめていない。神は時のはじまりから人間と、人間を通して語り合ってきた。神はいまでも、そうしている。

    【第二の啓示】
    すべての人間は、かつて生きた者、いま生きている者、これから生きる者のすべてと同じく、特別な存在だ。あなたがたはすべて、メッセンジャーである。あなたがたの誰もがそうだ。あなたがたは毎日、生命/人生についてのメッセージをたずさえている。どの時間にも。どの瞬間にも。

    【第三の啓示】
    どの神への道も、べつの道より神に近いということはない。どの宗教も「唯一、真の宗教」ではなく、どの民族も「選ばれた民族」ではなく、どの預言者も「最も偉大な預言者」ではない。

    【第四の啓示】
    神には何も必要ない。神は幸せになるために何も求めない。神は幸せそのものだ。したがって、神はこの宇宙の誰も、何も、必要としない。

    【第五の啓示】
    神は単一の超越的存在ではない。宇宙のどこか、あるいはその外にあって、人間と同じような感情的ニーズがあって、同じように感情が動揺する存在ではない。神であるものは、いかなる方法によっても傷つき、損なわれることはありえず、したがって、復讐を求め、懲罰を科す必要はまったくない。

    【第六の啓示】
    すべてはひとつである。存在するものはひとつであり、すべては存在するひとつの部分である。

    【第七の啓示】
    「正しい」とか「間違っている」ということはない。自分たちがどうありたいか、何をしたいか、何を所有したいかに照らして、有効なことと、有効でないこととがあるだけだ。

    【第八の啓示】
    あなたがたは身体ではない。あなたがたとは、限りなく、終わりのないものだ。

    【第九の啓示】
    あなたがたが死ぬことはありえず、永遠の地獄に落ちることも、決してない。

    ...その解釈や詳細が、ニールと神の会話の中で、綴られています。
    他にも「倫理、正義、所有」に関することなど、重要なセンテンスがちりばめられていました。

    興味のある方には、お勧めします。

  • カテゴリの選べない本です。
    90年代に流行った、「神との対話」の多分、最新版です。
    ほとんどの宗教を、ひっくり返してしまう、ある意味衝撃的な作品です。
    ただ書いてある内容は、決して宗教チックではなく、人が生きていく上で幸せになれる方法が対話形式で書かれています。
    今の世の中がおかしいと感じている人が、どうしたら変えられるのだろうなんて、大それたことを考えなくても変えられる簡単な方法が載ってます。

  • 一番、心に響いた言葉は、第7の啓示だ。<BR>第7の啓示:「正しい」とか「間違っている」ということはない。自分たちがどうありたいか、何をしたいか、何を所有したいかに照らして、有効なことと、有効でないこととがあるだけだ。<BR>
    それから<BR>
    第3の啓示:どの神への道も、べつの道より神に近いということはない。どの宗教も「唯一、真の宗教」ではなく、どの民族も「選ばれた民族」ではなく、どの預言者も「最も偉大な預言者」ではない。<br>
    おお!2007.4.10

  • 読んでみたい。

全4件中 1 - 4件を表示

新しき啓示のその他の作品

The New Revelation. ペーパーバック The New Revelation. ニール・ドナルドウォルシュ
The New Revelations ハードカバー The New Revelations ニール・ドナルドウォルシュ
The New Revelations: A Conversation With God カセット The New Revelations: A Conversation With God ニール・ドナルドウォルシュ

ニール・ドナルドウォルシュの作品

ツイートする