生き方

著者 :
  • サンマーク出版
3.97
  • (832)
  • (711)
  • (644)
  • (78)
  • (31)
本棚登録 : 6887
レビュー : 782
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763195432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 稲盛さんは仏門に入っていったこともあり、
    後半は宗教的な話になってきていますが、
    本人の思い、願望が込められて書かれています。
    稲盛さん本人も、考えを語り尽くしたともおっしゃっています。

    「知足利他」

    知足・・・今は十分足りていますが(足りていない国もあるのですが)、じゃあもしそれが無かったらどうするの?
    っていうのもありますが、

    この世の中、

    日本だけでなくとも

    いい方向に向かっていって欲しいものですね。

  • 感動した。
    やっぱり組織に必要なのは「自然性」の人間だと思う。
    ●考え方を変えれば人生は180度変わる。
    人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力
    三つの掛け算によって得られるもの。
    考え方にはマイナスがあるので、いくら熱意や能力に
    恵まれてもものの考え方の方法が間違っているとマイナスになる。
    ●「好き」であればこそ「燃える」人間になれる。
    ①火を近づけると燃え上がる可燃性のもの
    ②火を近づけても燃えない不燃性のもの
    ③自分で勝手に燃え上がる自然性のもの
    物事をなすには、自ら燃え上がり、さらにそのエネルギーを
    まわりにも分け与えられる人間。
    自然性に人間になる最良の方法は「仕事を好きになる」こと。

  • 就活中に読んだ。
    自分自身の就活に大きな影響を及ぼした。
    ただ、これを読みながら思ったのは、
    すべてを鵜呑みにしないこと。
    情報を咀嚼して自分の考えを持つこと。
    これを大切にしようと思った。
    この本を鵜呑みにしたら、私は仕事人間になって、
    つぶれてしまう気がする。笑
    でも、さすが素晴らしい財界人でした。

  • 利他の心が重要と説く。

    自らの為、家族の為、会社の為、国の為、と視点をどんどん広げていかなくてはならない。
    小さな範囲だけでの利は、一回り大きな視点からすると、利他ではなくなる。

  • "ただいま、このときを必死懸命に生きる"

    "あふれるような熱意をもって、ど真剣に懸命にいまを生きること"

    今を一歩踏みしめて生きる、その重要さを改めて知った。
    正直、著者は考え抜かれた経営理論に基づいて、長期の経営戦略を考えて経営を行っていると思っていた。

    しかし、そうではなかった。
    「今日を生きることなしに、明日はやってきません。明日もわからないのに、五年先、十年先のことがはたして見通せるでしょうか。」

    と著者も未来を考えるよりも今を生きることの重要性を説いている。

    だから、僕もこれから将来のことを考えて不安がるのではなく、今を如何に一生懸命に生きていこうと思った。

  • 稲盛さんの生き方・哲学は大変勉強になる。
    自分の生き方・哲学は何だろうか、確立できたものがあるだろうか。

  • 宗教的な観点から人間の生について著者の考えがまとめられた本です。

    一瞬に満たない人間の生の意義・目的は、始まりよりも終わりの価値を
    高めること。そして、そうであろうと努める過程そのものに人間の尊さが
    あり、生の本質があると述べています。

    私も最近気づいてきたことですが、今の日本の弱さ(政治・経済)は、
    心のよりどころのなさにあると感じます。
    政治にしろ、経営にしろ重要なのは、善い事へ向かう迅速な判断のみ
    です。その判断ができていないし、時間がかかりすぎるのです。
    それにくらべ、他の国は、道徳・因習・哲学・宗教に根ざして善い事へ
    向かっていく判断が迅速に一貫性を持ってできているのです。

    善い生き方は、善い(強い)国作りにもつながります。
    最近読んだ「東京裁判 幻の弁護側資料」にも本書にも記載されて
    いましたが、マッカーサーの有名な言葉で「日本人には、人間は怠けて
    いる時よりも、働いている時の方がより幸福なのだ」という労働の尊厳
    を発見していたと言います。
    日本人は、他の国にも負けず、もともと善い生き方を発見していた
    国民なのです。
    その考えを再認識することができる本でした。

  • 再読。久しぶりに読んだけどやっぱり自分の生き方との距離を感じる。
    「人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力」
    は3CやPPMに負けないくらい素晴らしいフレームワークだと思う。普段仕事でモヤモヤしている感情は、考え方をマイナスにしているんだなぁと思った。小さなことにこだわるよりも、もっと大局的に物事を考えないといけない。と頭ではわかっていながら、いつも小さなことで心が乱れているのだけど・・・。
    田坂広志さんの本のように心にジュワッと心に沁み込む感覚はないんだど、自分の生き方を見直すためにも時々読み返したい。

  • 本書は京セラやDDIなど日本を代表するビッグベンチャーを育て上げた稲盛氏が人間の「生き方」とは何か?を書き上げたものである。

    人生の方程式とは、

    人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力 であり、この考え方次第で人生は変わる。

    考え方とは言い換えれば、理念や哲学であり、これのベースは人間として何が正しいかということである。人間として正しい生き方を志し、ひたすら貫きとおすことが私たちに求められていることである。

    ===以下まとめ===

    第1章 思いを実現させる
    ■人生の法則
    求めたものだけが手に入るという人生の法則がある。
    寝ても覚めても強烈に思い続ける。
    ■プロセス
    思う→計画・準備→実行
    楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する

    潜在意識に透徹するほど思い続ける。そうするとそれが問題意識となり、何気ない日常生活からもヒントが得られるようになる。例えばリンゴが木から落ちるのを見た人はたくさんいたのに、万有引力に気づいたのはニュートンだけである。夢を描き、創意工夫を重ね、ひたむきに努力することが必要である。

    第2章 原理原則から考える
    ■判断基準
    人間として何が正しいのかが判断基準になる。
    人生の様々な局面で迷い、悩み、苦しみ、困ったときにそのような原理原則がどの道を選び、どう行動すればいいのかという判断基準になる

    第3章 心を磨き、高める
    ■謙虚という美徳の本質
    どのように優れた能力も、それが生み出した成果も、私に属しながら私のものではない。才能や手柄を私有、独占することなく、それを人様や社会のために使う。己の才を「公」に向けて使うことを第一義とし、「私」のために使うのは第二義とする。大企業のトップや官僚など優れた才能に恵まれた人たちの不祥事や汚職が絶えないのは、才を私有化し、公の利ではなく私利私欲に発揮したからである。これらは人生の方程式の考え方が間違っていたためである。

    ■心を高めるとは
    心を高めるとは、生まれた時よりも少しでも美しい心になって死んでいくこと。

    身勝手で感情的な自我が抑えらられ、心に安らぎを覚え、優しい思いやりの心が芽生え、利他の心が生まれるような状態のことである。

    ■心を磨くための6つの精進

    1.誰にも負けない努力をする
    2.謙虚にして驕らず
    3.反省ある日々を送る
    4.生きていることに感謝
    5.全行、利他行を積む
    6.感性的な悩みをしない


    第4章 利他の心で生きる
    ■利他とは
    利他とは人間が持つ自然な心の働きである。例えば、子供においしいものを食べさせたい、家族を幸せにしたいといった周囲を思いやる小さな心がけがすでに利他行である。こうしたつつましく、ささやかな利他行がやがて社会のため、国のため、世界のためといった大きな利他へとなって行く。


    ■利他に徹すれば物事を見る視野も広がる

    例えば、自社だけが儲かればいいと考えるのではなく、取引先、さらには消費者、株主、地域にも貢献すべく経営する。そうすると自然に広い視野を持つことができ、周囲の事象を客観的に判断できるようになり、失敗も回避できるようになる。


    ■成長から成熟へ
    これまでもっと楽したいとか、もっと儲けたいとう欲望が文明を築き上げる動機になってきたが、これからはもっと他人を幸せにしたい、社会を良くしたいというのが動機になる。

    第5章 宇宙の流れを調和する
    ■見えざる大きな2つの力
    人生には2つの「見えざる手」がある。それは「運命」、もうひとつが「因果応報の法則」である。運命は宿命ではなく、因果応報の法則で変えられる。人として正しい行いをしていれば例え結果がすぐにでなくても、長いスパンでは必ず報われる。

    ■森羅万象、宇宙の流れ
    善因善果、悪因悪果それが天の理。不変の宇宙の法則

  • ・息抜きに読みましたが・・・・経営者・社会人になるため必要な考え方を知ることができた
    ・自分の生き方を再度考え直した

全782件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1932年、鹿児島生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。また、84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年には日本航空会長に就任。代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年には稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。
著書に『生き方』『京セラフィロソフィ』(ともに小社)、『働き方』(三笠書房)、『考え方』(大和書房)など、多数。

稲盛和夫オフィシャルホームページ 
https://www.kyocera.co.jp/inamori/

「2019年 『心。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生き方のその他の作品

稲盛和夫の作品

ツイートする