採用の超プロが教える仕事の選び方 人生の選び方

著者 :
  • サンマーク出版
3.40
  • (17)
  • (26)
  • (80)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :249
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763195517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の人生の軸を見つけたい方には読んで欲しい1冊です。
    自分はこの本をベースに「働く理由」「企業選びのポイント」を探しました!!!
    初版が2003年と古いですが
    普遍的なアドバイスを書いてる(気がする)ので今読んでも全然大丈夫です!
    就活生は”自分の将来の生き方”や”自分の軸”を
    考える前にこのような本を読んで
    学ぶのがいいと思います\(^o^)/

    この本で一つ衝撃的な考え方がありました!
    「会社から給料をもらう」のではない、「会社にお金を払っている」です。

    お金の動きは
    顧客→自分→会社

    ビジネスマンの報酬は会社からではなく、
    お客様から受け取っていてその報酬の一部を会社に納めているという考えです。
    この考えがないと自立心が生まれないらしいです!!!

  • ・どんな生き方をしたいのか分からないのに、仕事を選ぼうとすると無理が生じる

    ・悔いとは、「できなかった」という結果に対して抱く感情ではない。「やらなかった」というプロセスに対して抱く感情だ

    ・仕事をすることそのものが目的ではなく、仕事を通じて何を実現したいのかが大事

    ・過去の実績が未来を決めるのではない。未来が過去を評価するのだ

    ・成長とは、できなかったことができるようになること

    ・変われる人と変われない人の違いは、ただ、「気付くかどうか」だけ。この「気付き」がなければ、本を読んでも、知識が増えても、人は変わらない

    ・誰と働くか、は想像以上に仕事の質に直結する

    ・人間の行動の9割がクセならば、そのクセのレベルを上げれば良い

    ・マネージャーが叱るべきなのは「できなかったこと」ではなく「やらなかった」ことに対して。

    ・「やらなかった」は部下の責任だか「できなかった」のは本人のせいではなく、自分の指導が悪いのだと思わなければマネージャーの資格はない

  • 仕事と人生の目的を著者の観点で教えたくれる本。これから仕事を選択しようという時に読んだので、視野が広がった。
    経営者の立場での話も書かれているので、企業を知る上で読んでおくとより見識が深くなると思った。

  • 大企業よりベンチャーがいいと推すのには賛成しないが、仕事選びに迷う人にはおすすめ。
    どんな仕事にもリスクはつきもの。プロフェッショナルになるとは、フリーになってもやっていける能力を身につけること。

    著者は人材紹介業の経営者だが、経営者であっても威張らず奢らず、一社員として他の社員に敬意を払うように、というスタンス。これには大いに共感。類書の「できる人できない人」も読んでみたくなった。

  • 「採用の超プロシリーズ」
    初版は2003年10月。

    これも他の「採用の超プロシリーズ」同様、
    当時必死になって読んでいた。

    採用に関わる人間として当時この「採用の超プロシリーズ」は
    教科書的な位置づけであった気がする。

    今でも・・・得れることは多いと思います。

  • 1刷

  • どうせできるか出来ないかなんて変わんない。
    何を選んでも出来ない。だけどやっているうちに出来るようになってしまうと書かれている。

    好きな仕事を選びなさい。と書かれている。

    全体としてのインパクトは低かった

  • 私が仕事に対して漠然と疑問を持った際に購入し、読破しました。
    自分自身が仕事に対しての疑問を持った時、、また仕事への取り組み方が分らなくなったときに是非。

    【第1章】 仕事選びは人生選び
    【第2章】 「根拠のない自信」を信じてこそ人生
    【第3章】 「仕事選び」の勘違い、「能力の高め方」の大間違い
    【第4章】 社員の価値を高める魅力的な経営者の条件
    【第5章】 「自らハンドルを握る人生」をつかみ取るための心構え

    仕事を何のために行うのか?
    「食べるため?」
    この答えに納得したくない私は、
    第1章のタイトル「仕事選びは人生選び」を見て、
    そういうことなんだなと。勝手に納得。

    「人生の大半を費やす仕事」を自分にとって、
    いかに有意義なモノにしていけるか。
    改めて考えさせられた一冊です。

  • ○まだまだ試されていない能力や才能は山ほどある。試されていなくて結果も出ていない能力や才能に、どうしてあるとかないとかの根拠がありうるのか。(43p)

    ○「誰と働くか」ということは、想像以上に仕事の質に直結する。(79p)

    ○できる人というのはエネルギーのある人間だ。エネルギーとは、人生の目標バーを高く設定し、それに向かってモチベーションを保ち続けるということだ。すなわち、自分の人生の勝ちをどれだけ信じているかということであろう。(106p)

  • 読みやすくわかりやすい。

全28件中 1 - 10件を表示

採用の超プロが教える仕事の選び方 人生の選び方のその他の作品

安田佳生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
水野 敬也
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

採用の超プロが教える仕事の選び方 人生の選び方はこんな本です

採用の超プロが教える仕事の選び方 人生の選び方を本棚に登録しているひと

ツイートする