人生の扉をひらく「万能の鍵」

制作 : Ralph Waldo Trine  吉田 利子 
  • サンマーク出版
3.44
  • (4)
  • (6)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196040

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思い描いた内容と違い宗教的な内容、ただキリスト教をベースとしながら他の宗教にも触れ、すべてよ宗教な根本は同じと主張しているのは、興味深い。仏教はともかく、キリスト教はなんと言うか、実践というより、架空の物を信じろと言っている印象があり、以外に感じた。
    宗教という物は必要だから生み出され、そして、その発端は実践的なものだったのだろう。しかし、教義を解釈し、決めていく中で本質を失ってしまったのだと思う。そう考えると、宗教以外のルールや決まりという物が形骸化するのと同じだと感じた。

  • 無限の命のスピリット
    私たにち起こることは、意識的にせよ無意識的にせよ、わたしたちが招き寄せている。
    愛を送り続ける
    無限の「命の、愛の、豊かさの・・・」スピリット
    必要な物はすべて、神の手にあり私たちのパワーが届くのを待っている
    宇宙に向けて広告を出す
    魂が語りかけたらすぐに行動する
    逆境にいても落胆せず、最善を尽くしてもっとよいこと、豊かな将来を期待する
    不平不満をいうのは、心の力という銀行から預金を引き出してしまうことと同じ
    逆境に屈服してしまえば、逆境から脱却できない。繁栄から目をそらしてはならない
    絶対的に信じること、それが唯一のほんとうの成功法則だ
    親切な行動、すぐれた人格、魂のパワーの実現、内なる生命の豊かさや発展、これが永続するほんとうの財産である
    すべて必要な物はそのときどきに充足される
    ため込まずに手放せば豊かになれる

  • 残念ながらスピリチュアル過ぎて向かなかった。

  • 吉村ひろえカウンセラーお勧めの本。
    即買い。到着が楽しみ。。。

  • 何か辛い状況にある人、苦しんでいる人にとっては、読むと救われるような気持ちになれる本だと思った。おそらく作者もそういった人に対して語りかけるような気持ちで本を書いたのではないか、と思う。

  • 読んで実践すれば、人生に奇跡が起きる本です♪

  • ヘンリーフォードはこの本が
    なかったら成功はなかったといっている位の本

  • 一行ごとに目を見開かされる。
    こびりついたウロコをはがされる。
    いまやバイブル。

全11件中 1 - 10件を表示

人生の扉をひらく「万能の鍵」のその他の作品

人生の扉をひらく「万能の鍵」 Kindle版 人生の扉をひらく「万能の鍵」 ラルフ・ウォルドートライン

ラルフ・ウォルドートラインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ジェームス・スキ...
J・モーティマー...
デイル ドーテン
ジェームズ アレ...
チップ・ハース
ロバート キヨサ...
松下 幸之助
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生の扉をひらく「万能の鍵」を本棚に登録しているひと

ツイートする