「頭がいい人」と言われる技術

著者 :
  • サンマーク出版
2.63
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【No.16】「人の話を聞いているときは、相づちはオーバーくらいがちょうどいい」「たいがいの人は口はしゃべるためだけの道具だと思っているようだが、黙っているときの口もまた、”目ほどにものを言う”表情豊かな道具なのである」「ほどよく口角の上がった口元は、快活で引き締まった印象を与える」「自分を下手に装わない素直な態度が、信用を生む」「人に何かを伝える場合、現物や現場を知るほど”情緒的”になる。”論理”だけで話を押し切る人は、”現場を知らない人”という烙印を押される」「仕事の場で、自分から自慢話をするようなことは、決してしてはならない」「”比喩力”を磨くことは、表情の豊かさを培うための一番の近道。うまく決まればかなりの”デキる人”に見られることは間違いないし、そういう比喩が使える人は、すでにして本当に”デキる人”だとも言える」

  • とりあえずスキルを身に付けたい人はいいね。

全3件中 1 - 3件を表示

小泉十三の作品

ツイートする