武道の心で日常を生きる―「身体脳」を鍛えて、肚を据える

著者 : 宇城憲治
  • サンマーク出版 (2005年4月発売)
3.85
  • (3)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196309

武道の心で日常を生きる―「身体脳」を鍛えて、肚を据えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10年前の本でこの頃は宇城さんはまだ「気」うんぬんは殆ど言ってませんのでとてもわかりやすい。

    この当時は「型」ということにかなり拘っており、むしろ伝統的な稽古方法や教えを守らずに独自の理論や稽古の方法に関しては否定的でした。

    私自身は「気」に関しては決して否定的ではないしむしろ認めているのですが、その言葉を使うことで伝えるべき内容がわかりづらくなるのはよろしくないと思っています。

    宇城さんの本は「気」という言葉を使い始めてからはわかりづらくなった印象がありますね。

  • 武道を通して得られる大事なことをわかりやすく紹介する本。
    型は重要です。

  • 武道の極意は、戦わずして勝つ
    相手の斬る気を斬る

    空手の型の奥深さを感じました

  • いますぐ読むならコレ。

全4件中 1 - 4件を表示

宇城憲治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
タル・ベン・シャ...
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
トニー・ブザン
デール カーネギ...
マルコム・グラッ...
トルステン・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印

武道の心で日常を生きる―「身体脳」を鍛えて、肚を据えるはこんな本です

ツイートする