夢をかなえる勉強法

著者 :
  • サンマーク出版
3.48
  • (79)
  • (119)
  • (227)
  • (31)
  • (11)
本棚登録 : 1064
感想 : 137
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196767

作品紹介・あらすじ

「時間をかければ、なんとかなる」と思っていませんか?司法試験界の「カリスマ塾長」が編み出した、生涯役立つ、本物の学習法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 司法試験の伊藤塾、塾長の勉強方についての内容でした。
    司法試験を受ける予定はないけれど、資格試験にとか今度のためにと思って手に取りました。
    過去問とか、目標の定め方とか、今では知ってることも、かかれていましたが、わかりやすく記載されていました。

    ~~~~~
    プロローグ
    人はみな100%勉強に向いている
    「合格後」と「不合格後」を見据えた勉強法
    勉強を始める前に「合格体験記」をかかせる理由

    第1章いちばん大切なこと
    「大量の問題をこなす」のは最悪の勉強法
    「全体像」を把握するために、まず目次をコピーする
    つねにゴールから遡って今を考える
    ゴールに向けて自分自身をチューニングしていく
    「失敗の原因」の見つけ方
    試験に出るのは二種類の問題しかない
    「根っこの忍耐力」が人生を切り開く
    試験に関係ない「有効な無駄」も必要
    コピー取りで一番になれ
    息抜きは3時間と決める

    第2章勉強のコツをマスターする
    イチローが素振りにこだわるのはなぜか?
    自分で自分に講義する「セルフレクチャー」の効用
    喜怒哀楽のはっきりしている人は記憶力がいい
    脳を錯覚させるまで、繰り返し反復する
    「過去問に始まり、過去問に終わる」の意味
    勉強かできるようになる読書の仕方
    マーカー塗り方ひとつで合否の差が出る
    なぜ具体例をメモすることが重要なのか
    頭の回転を一段と速くする方法
    精神を鍛える「腹式呼吸」のコツ
    効果の上がる予習、復習の仕方とは?
    夢をかなえる時間の使い方
    「もう終わり」と思ってから、あと5分粘る
    当日にピークをもってくる方法
    模擬試験を受ける時は変なやつの隣に座れ
    「能力×気力×勉強法」の掛け算で考える

    第3章挫折しそうになったときの対処法
    スランプになったら、おめでとう
    不安要素はすべて紙に書き出してみる
    「元気ノート」と「夢のノート」をつける
    「ひとつだけ願いをかなえてあげる」と言われたら?
    人生の分かれ道での選択基準
    悲観的な気持ちをどうやって乗り越えるか
    私が「逃げ道を用意しておく」ことをすすめる理由
    「成功報酬」を上手にぶらさげる
    自分だけの「おまじない」をつくろう
    「睡眠、食事、ストレス」のバランスが大切
    スランプ克服には「東京タワー」と「年表」が効く
    他人を尾行して、その人の人生を想像する
    ビラミッドの中での恐怖体験が教えてくれたこと
    勉強以外の「夢中になれること」は徹底的にやろう
    「想像力」を養えば「勉強力」がアップする

    第4章勉強すればするほど人は磨かれる
    「小さな成功体験」があったから今がある
    中学三年の独り暮らしで見えてきたこと
    勉強ではなく、勉強方を教えてもらえ
    「量」を積み重ねると、問題の「型」が見えてくる
    勉強の面白さは全部で五段階ある
    「一言で言えない」のはわかっていない証拠
    「わかった」とは、手のひらに「それ」がのる感覚
    被告人が教えてくれた「三つの質問」
    ①人生の目標は?②それはなぜですか?③そのために何をされていますか?


    第5章夢を叶える思考術
    人生最大の悩みをどう乗り越えたか
    夢をかなえるには「大きな力」の助けが必要
    「耳に入る言葉」に気をつける
    言葉を粗末にすると、勉強効果も半減する
    物欲でもいいから「夢」を持とう
    「10年後の自分」を想像するのはやめる
    勉強するということの根源的な意味
    「自己満足」こそが人を成長させる原動力
    勉強は、人生の種まきである

    エピローグ

  • 個人的に好きな著者。本書は具体的な勉強方法については、それほど詳しく述べているわけではない。しかし、勉強をする上での「心構え」や、自分の人生をどう考えるか等、根本に戻って考え直すきっかけを与えてくれる一冊だと思う。
    試験に受かることは、先を見据えると人生を豊かにする一つのステップである。ただし、学校を出た後の人生まで見据えなければ、合格してもいつか行き詰まる。そう考えると、試験に合格することは成功哲学の入り口とも言える。
    勉強に対してモチベーションが上がらない人は、読んでみて損はない。
    これを見てポジティブになれた。←単純で申し訳ないw

  • 司法試験のカリスマが書いた勉強法
    内容は他のものにも書いてあるようなことが多いが、純粋に構成がシンプルすぎて面白みがない

  • 2012/4/23
    アマゾン 中古

  • 司法試験塾の「カリスマ塾長」が綴る「夢をかなえる勉強法」。発行部数が15万部を突破した、最近ちょっと話題の1冊。

    「勉強法」といっても勉強の技術が中心ではなく、
    勉強は何のためにするのか、勉強を通していかに自分の夢に近づくか、といった生き方の方法を説いている。

    ・全体像を把握するために目次をコピーする
    ・ゴールから発想する
    ・「もう終わり」と思ってから、あと5分粘る
    ・勉強ができるようになる読書の仕方:「その本がどういう目的で書かれているのか」「自分はどういう目的で読むのか」に注意
    ・「一言で言えない」のはわかっていない証拠:一言で説明できず、くどくど説明してしまうのは、わかっていない証拠。なぜかといえば、物事の本質とはシンプルなものだから。
    ・10年後の自分を想像するのはやめる:自分の夢や目標はしっかりと持ったほうがいいけど、最終的な目標はあいままで抽象的でいい。それはなぜか。10年後にこうありたいと思う自分は、未熟でたかが知れている現在の自分が考える姿で、10年後の自分は、今の自分が想像もできないほど、違う自分になっているかもしれない。

  • http://naokis.doorblog.jp/archives/how_to_let_a_child_study.html【書評】『夢をかなえる勉強法』〜子どもに勉強せよと言わずに勉強させる方法
    http://naokis.doorblog.jp/archives/best_three_2016Q1.html2016年第一四半期読了マイベストスリー


    <目次>
    プロローグ
    第一章 いちばん大切なこと
    第二章 勉強のコツをマスターする
    第三章 挫折しそうになったときの対処法
    第四章 勉強すればするほど人は磨かれる
    第五章 夢をかなえる思考術
    エピローグ

    2016.03.01 読了

  • 社会人のための試験勉強法。全体を俯瞰して、時間の確保と質の確保。戦略的に勉強をしていくことで、試験への合格をめざそう!

  • 伊藤塾、塾長さんの著者です。
    法律系の勉強をしていれば、聞いたことがないくらいの有名人。

    さて、本書。
    具体的な勉強法も載ってはいますが、
    それはちょっと物足りない感じがします。
    それより、伊藤先生の生い立ち、勉強法を思いついた経緯などが書かれていますので、
    「あのカリスマ塾講師、伊藤真ってどんな人? どんな環境で育ったの?」
    そういうところに興味のある人が読むにはいい本だと思いました。

    中学生時代、勉強法の分からなかった伊藤先生が、
    「当時、解いた問題集を積み上げれば、背丈ほどになったのではないだろうか」
    とのことで・・・

    普通の人はなかなかそこまで出来ませんよね。
    やっぱり、「勉強の虫」的素質が備わっていたんだな、って思いました。

  • あと一歩のところで曖昧な本。この伊藤とかいう人がカリスマ塾長でもなんでも構わないが、あまり文章から知性が感じられなかった。例えば養老孟司や齋藤学のように、鋭い語感や堅牢な理論構築力の煌めきが、この本にはなく、個人的には二流(紛い物)の類だなあと。エビデンスばかりのデータベースのような本も固くて読みにくいが、たった一人の人間の、少ない経験則と感覚と根性論と理想だけで本を書いちゃったなー、って印象です。

  • もっと早く出会いたかった本です。やる気が出ます。

全137件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

弁護士

「2017年 『護憲派による「新九条」論争』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤真の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×