夢をかなえる勉強法

著者 : 伊藤真
  • サンマーク出版 (2006年4月1日発売)
3.49
  • (75)
  • (112)
  • (220)
  • (30)
  • (7)
  • 本棚登録 :902
  • レビュー :131
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196767

夢をかなえる勉強法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 個人的に好きな著者。本書は具体的な勉強方法については、それほど詳しく述べているわけではない。しかし、勉強をする上での「心構え」や、自分の人生をどう考えるか等、根本に戻って考え直すきっかけを与えてくれる一冊だと思う。
    試験に受かることは、先を見据えると人生を豊かにする一つのステップである。ただし、学校を出た後の人生まで見据えなければ、合格してもいつか行き詰まる。そう考えると、試験に合格することは成功哲学の入り口とも言える。
    勉強に対してモチベーションが上がらない人は、読んでみて損はない。
    これを見てポジティブになれた。←単純で申し訳ないw

  • あと一歩のところで曖昧な本。この伊藤とかいう人がカリスマ塾長でもなんでも構わないが、あまり文章から知性が感じられなかった。例えば養老孟司や齋藤学のように、鋭い語感や堅牢な理論構築力の煌めきが、この本にはなく、個人的には二流(紛い物)の類だなあと。エビデンスばかりのデータベースのような本も固くて読みにくいが、たった一人の人間の、少ない経験則と感覚と根性論と理想だけで本を書いちゃったなー、って印象です。

  • もっと早く出会いたかった本です。やる気が出ます。

  • 伊藤真の伝説(1日20時間勉強したetc)がでてきてびっくりするが、彼なりの勉強法+勉強を通じて人として成長すること、勉強を活かして何をしたいかと問いてるところが良。

  • 2016/8/26

  • この本を読んだところで夢が叶う人はあんまりいないだろう。但し、内容自体は悪くない

  • あなたにとって"人生の目標"とはなんですか?それはなぜですか?そのために今何をしていますか?

  • 司法試験を受ける人向けの内容。

    ただ、大学受験にも通じるものがある。

    勉強を始める前に「合格体験記」を書かせる

    プラトンの「ソクラテスの弁明」(岩波文庫)

    死が幸福なものかどうかについての考察。

    死は一種の幸福だとソクラテスは言う。なぜなら、死んだあと、自分の存在や意識がすべて無になってしまうとしたら、熟睡した夜と同じで快く過ごせる。
    ゆえに幸福である。死後の世界があるなら、別の世界に行って先人たちと交流ができるのだから幸福である。
    だから死はわざわいではない。未知のことを恐れる必要はない。


    人はもっと謙虚にならなければならない。
    謙虚であれば必ず何かが吸収できる。特に未熟なうちは、その謙虚さが大切なのだ。


    過去問を制するものが、試験を制する。


    本を選ぶときに気を付けてほしいことが二つある。
    それはなにか?

    「その本がどういう目的で書かれているのか」ということと、「自分はどういう目的で読むのか」ということである。


    予習の目的は講義の中で疑問を発見することにある。


    予習をすると、自分のこれまでの知識や経験でわかることと、経験したこともないし、推測も理解もできない未知の事柄が存在することに気づく。


    講義が終わった後の5分間は、復習のゴールデンタイムである。

    まだ記憶が新しいので、知識が脳に定着しやすい。ひじょうに効果がある。


    不安要因はすべて紙に書き出してみる

    考えいていることは頭の中にとどめるのではなく、目に見える形で顕在化させたほうが解決しやすい。


    『オプティミストはなぜ成功するか』
    マーティン・セリングマン著、講談社文庫

    この本によると、人間には物事を悲観的にとらえる人と楽観的にとらえる人がいる。同じ挫折を体験しても、悲観的にとらえるか、楽観的にとらえるかで、結果がまったく違ってくる。

    楽観主義者のほうが悲観主義者よりよい成績を取り、合格する可能性も高く、健康状態もよく、明るい人生を送ると述べている。


    スランプというのは、自分の周囲に世界の広がりが意識できない状態をいう。


    自分の置かれた状態に凝り固まり、自分の「空間軸」を広がることができない。


    人生に迷ったら、一度、素の自分に戻ってみるといい。


    幼いころ、空き地を駆け回っていた自分、少年時代、何かに夢中になっていた自分を思い出してみる。利害や世間体やしがらみや見栄も、みなとっぱらって本当の自分を見つめてみるのだ。

    そうすれば、本当にやりたかったことが見えてくる。


    口に出して言う言葉はプラス思考のもの


    否定的な言葉を使う人のそばに行ってはいけない。


    言葉を粗末にすると、勉強効果も半減する。

  • 目次をコピーして常に全体を俯瞰しながら各項目を勉強していく方法や本番の困難な状況を想定してあえて、模試ではやりづらい環境で受けるなど参考になる発見がありました。

全131件中 1 - 10件を表示

夢をかなえる勉強法のその他の作品

伊藤真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
トニー・ブザン
東野 圭吾
安河内 哲也
デイル ドーテン
有効な右矢印 無効な右矢印

夢をかなえる勉強法を本棚に登録しているひと

ツイートする