こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

  • サンマーク出版
3.14
  • (11)
  • (10)
  • (59)
  • (7)
  • (6)
本棚登録 : 222
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196781

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 質問で心のエンジンに火をつけるって入り口としては面白い。どっちかって言うと、自分も質問力をつけたくて借りてみた。
    でも、まぁまぁ…かな。
    「もしかしたら、一緒になった人同士で同時に使えるエネルギーの総量は決まってるのかもしれない」って一言は、結構効いた。
    働きアリの割合も、必ず決まってるって言うしね。
    だから、自分が頑張り過ぎちゃうと、周りが頑張れなくなる…これは1個、為になった。

  • あなたができることで、他人がひとりでも喜んでくれそうなことはなんですか?

  • 日常生活の中で曖昧にしてきたこと。
    立ち止まって、
    問いかけてみる。考えてみる。答えを出してみる。
    そういうことだと思いました。

    でもでも、「魔法の」質問55個!
    多くないですか?
    これでは魔法とは言えない気が…

    申し訳ないが
    「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」

  • 見開き1ページで1テーマになっているので、細切れ時間で読むのにはよい本です。ちょっとした時間に自分のモチベーションをあげるのによい1冊だと思います。

  • チェック項目8箇所。自分がふだん暮らしていくなかで嫌なこと、やりたくないこと、いままで嫌だったこと、もう二度とやりたくないことを書き出してみよう、自分がやるべきではないことを明確にするため。 もし、あなたが夢をかなえたいのなら、使ってはいけない言葉がある、「でも」「どうせ」「私なんて」これらの言葉は行動を起こさなくてもいいための言葉なので、じつはラクな言葉なのだ。まわりの人を元気づけたり、やる気を出させたりしたいなら、あなたががんばりすぎてはいけない、適度に休むことによって、パートナーにパワーを発揮させる機会をつくることが大事。自分の好きなことを仕事にした瞬間、給料は我慢料ではなくなる、どうせなら、我慢料ではなくしたいものだ。ルールはより楽しく、円滑に進めるために必要な決まりごと、ルールを明確にしておくことで、あなたは動くことがたのしくなるはずだ。知人や友人から「ありがとう」といわれたことはあるはずだ、それはあなたのことを求めていたから。一日25時間あるとしたらどう変わるだろう? 1時間前の世界にタイムスリップしたとすれば、あなたはいったい何をやりたいだろうか? まずは5年後の自分をイメージしてみよう。

  • 「どんな質問をされるのかしら?」と前から気になっていた質問家のマツダミヒロさん。

    この本には、①自分を好きになる。②自分に問いかけてみる。③こころに決める。④行動を起こす。という4つの柱に分けて、55の質問が書いてあります。

    見開き2ページにひとつの質問と、そのことに関するマツダミヒロさんの心温まるメッセージ。

    答えずにさらさら読んで行くだけでも癒されます。

    自分の、言葉にならない、未だ発見出来ていないストレス元も、見つけたり、解消できたり、

    質問の答えを考えながら過ごしているうちに、自分のことがわかってきたり、

    いつも側に置いておきたい一冊です。

  • ひっかかった質問。

    ・あなたが夢に近づくための口癖はなんですか?

    ・あなたはどんなことにウキウキしますか?

    ・あなたを求めている人はどんな人ですか?

    ・あなたのコンパスの先には何がありますか?

    最後の質問の、コンパスの先は、どれくらいの先を示しているのだろうか?

  • 魔法の質問に答えることで
    新たな視点が得られたり、視界がパーっと広がる。

    やる気がでない時に読むといいかも。

  • 他の借りていた本を読んでいて,図書館に返す期限に間に合いそうもないので,思いっきり斜め読み・・・。
    それで充分かも。
    必要な時,自分で買うでしょう。

  • 質の良い問いは質の良い人生の助けになる、って聞いたことがある。
    まさにそうだと思う。

    自分で悶々としていることも、ひとつの質問について考えることですっきりしたり、答えがみつかったり。
    そんな質問がいっぱい載っている本。
    自分を見失いそうなときにベストな本。

    「こころのエンジンに火をつける」って、気持ちを奮い立たせるって意味かと思ってたけど、ちがった。
    もっと穏やかな意味で、一歩を踏み出せるっていう感じ。

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

質問家。「魔法の質問」主宰。
しつもん経営研究所代表、一般財団法人しつもん財団代表理事。自分自身と人に日々問いかけるプロセスを集約し、独自のメソッドを開発。2004年より日刊メルマガ「魔法の質問」を開始。2万人が読むメルマガとなる。質問を投げかけ、参加者が答えるスタイルの「魔法の質問ライブ」を軸に、日本全国・海外で行う講演は年間200件以上。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。著書に『こころのエンジンに火をつける魔法の質問』(サンマーク出版)『ビジネスで一番大切なしつもん』(日経BP)、『しつもん仕事術』(同)など。

「2017年 『賢人たちからの魔法の質問』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問のその他の作品

マツダ・ミヒロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
トニー・ブザン
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問を本棚に登録しているひと

ツイートする