免疫力を高める生活―健康の鍵はミトコンドリアが握っている

著者 :
  • サンマーク出版
3.56
  • (2)
  • (6)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196842

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生命の進化はミトコンドリアと重力によって。
    DNAの突然変異ではなく、環境と重力。
    大胆な説なので拒絶反応する人もいるかもしれないが読んでいると納得は出来る。
    健康体質であるには腸内環境と体温、そして口呼吸を心がける事。
    それがミトコンドリアの活性化であり、免疫力のアップにつながる。
    ほとんどの病気は白血球に取り込まれた細菌。

  • 副題のミトコンドリアに興味があり、読んでみた。

    構造的な欠陥と生活習慣によって、免疫能力が低くなると考えており、花での呼吸、よくかむ、上向きでねる(骨休み)、冷たいものを飲みすぎない、軽い運動、太陽の光を浴びることなどを重要な生活習慣としている。

    免疫力とミトコンドリアの関連は指摘されるようになったが、その力を引き出すようにするべきだと感じた。筆者は、学会などからはかなり冷遇されて理うようなのが、ちょっと気の毒のような・・・。

  • 【読みたい】
    齋藤先生が『「できる人」の極意!』で対談されていたので。

  • 臓器別に細切れになっているいまの西洋医学に対し
    東洋思想を用いて医学理論と治療実践を統合

    言うはやすく、行うはかたし

  • 「口呼吸を鼻呼吸に変え、常に腸を体温以上に温め、「骨休め」を充分にすること」これが大事だそうです。

  • 悪い生活習慣、例えば、口呼吸や腸の冷え、抗生物質の使用過多などを改め、体の免疫力を高めることによって、精神的にも身体的にも健康でいられることを知り、ぜひ実践しなければと思った。
    時期的にこれから冷たいものが美味しくなってくるので、意志を強く持ちたい。
    著者は、医学博士でもあり信頼できる内容なのだろうがビールを温めて飲んでいるのには少々驚いた。

  • 西原先生のご本、二冊目。
    書かれてあることの基本は、前とおおむね同じ。
    とにかく、低体温、口呼吸、骨休め不足から来る、免疫力の低下を訴えています。

  • 呼吸法を変えてみたよ。
    身体の最小単位を意識してみたよ。
    重力と不整交合について納得できたよ。
    ・・・あとは、枕を替えるだけだ!!

  • 免疫力を高める7つの生活習慣、とは?
    ・鼻で呼吸する
    ・両顎でよく噛む
    ・上向きで寝る(骨休めする)
    ・冷たいものを飲みすぎない
    ・軽い運動とリラックスを心がける
    ・太陽の光を浴びる
    ・「心と体に優しいエネルギー」を取り入れる― ただそれだけのことなのです。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

医学博士。東京医科歯科大学卒業。東京大学医学部博士課程修了。東大医学部付属病院で長く臨床に携わる。「西原博士の赤ちゃん相談室」を2001年より西原研究所に併設し、現代医学では治らない数多くの難治性症状(アトピー・ぜんそく・脳症などの免疫病)に苦しむ子どもたちを完治してきた。

「2017年 『子どもの腸には毒になる食べもの 食べ方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

免疫力を高める生活―健康の鍵はミトコンドリアが握っているのその他の作品

免疫力を高める生活 Kindle版 免疫力を高める生活 西原克成

西原克成の作品

ツイートする