会社の寿命10年時代の生き方

著者 : 道幸武久
  • サンマーク出版 (2006年7月6日発売)
3.39
  • (3)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763196927

会社の寿命10年時代の生き方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ただ危機感を煽るだけでなく、対策なども具体的かつ簡潔に書かれていて“実践してみよう”という気になる。
    目をそらしている現実を見つめるにはライトな文長でちょうどいいかもしれない

  • これは誰にでも読んで欲しい本!
    とくに若い人。私も道幸さんがこの本に書いてあることになると思っています。早く本屋に急げ!!

  • これからの働く人へ贈るメッセージ。
    要は、全ての人がプロ意識を持つべしってことですね。
    会社という親に甘えることなく、自分自身でプロ意識をもってどんなトコロでも生きていけるようにならないとダメだぞっていうことですねー。

  • 表紙のデザインといい、文体の雰囲気といい、露骨に危機感を煽ってるなあ、これは眉唾だなというのが率直な第一印象。だが、読み進める中で自分自身と日本の将来に対する漠とした不安の中身を的確に言い当てられ、最終的には今後の行動のヒントとそれを起こす勇気を貰う自分がいた。最も頭に残るくだりは、「戦略・マーケティング」「成功哲学」「精神世界」3者のバランスを取ることが大切、という部分。

  • 自分ブランドを作る方法を知りたくて読書。

    ・ブランド力
    プロフェッショナル、専門性。価値を生み出すことができる。ネーミング、自分の売り、特技を認識している。そのためには自己分析、過去を総括することから戦略を練る。

    ・3つの柱
    戦略・マーケティング→ノウハウであり、資格マニアではない。本物が大切。
    成功哲学→思い、マインド。魂を磨くこと。
    精神世界→手放すこと。これら3つのバラスが大切。

    ・求められる
    人が持っていないもの。知る、気づく。アピール力、自分を売り込む力。セルフプロデュース。
    集客力。相手に稼がせる力、喜んでもらう。

    ・運
    陰徳を積む。豊かさを共有する。他人を喜ばせる目標。利他の精神。人脈。身の丈、状況に合ったメンターを持つ。黄金律の実践。

    久しぶりぶりにマインドマップを描く。

    読書時間:約1時間5分

  • 8/18

  • 自分ブランド化の部分がとてもためになりました。

  • 私の会社は大丈夫・・・。
    そういう人ほど読むべき一冊。
    今からだったらまだ間に合う!

全9件中 1 - 9件を表示

道幸武久の作品

会社の寿命10年時代の生き方はこんな本です

ツイートする