チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見

制作 : Christine Page  両角 美貴子 
  • サンマーク出版
3.95
  • (8)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763197122

作品紹介・あらすじ

見えない体に秘められた「七つの花」が開くとき、生きる力が満ちてくる。世界で100万部突破の話題作、待望の邦訳!医師が語る、スピリチュアルな治癒へのいざない。特別付録CD付き。「新しい自分へと旅立つ瞑想法」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病気が教えてくれるメッセージが書かれています。チャクラと連動していて自分の体の弱い部分の内容を読んでみると心が痛いほどです。定期的の読みたい一冊。『家庭の医学』のスピリチュアル版です。必読書!!

  • チャクラの特性・内分泌腺との関係、影響をおよぼす器官など。チャクラと病理学的症状の理解を助ける一冊。

     心身のメッセージを読み解く方法。誘導瞑想のCD付き。

    ワタシにとって、チャクラのバイブルです。

  • 「世界中の研究結果が示すとおり、がん患者の性格には類似点が見られます。それについてはこの本の前半部分ですでに言及していますが、以下に再度まとめます」と『チャクラ 癒しへの道』(サンマーク出版)で著者クリスティン・ペイジ先生は述べている。

     ペイジ先生はイギリス生まれで現在はアメリカのカリフォルニア州在住の女医だ。ホメオパシー療法医でもあり現代医学と古代の叡智を融合させるホリスティック医学の提唱者として、世界各地で講演を行いワークショップを主宰している。日本にも昨年9月に来日されて講演やワークショップをされていかれた。

     彼女は医学校を卒業されたれっきとした現代医学の医師だが幼い頃からオーラなど、普通の人が見えないものが見えていた。そのため肉体の治療だけでなく心や魂までも癒す必要があることを見抜いていた方である。

     彼女の患者への接し方を表した文章を述べ、このような方が書いた真摯な言葉に多くのがん患者さんが触れることを望んでいる。

    「『患者のそばにいるだけ』ということが本当に重要で、それだけで医者としての価値があるのだと気づくまでに長い時間を要しました。医師としての専門的知識はもちろん大事ですが、癒しの過程に本当に貢献するのは無条件の思いやりの心なのです」

     そんな彼女はがん患者さんは「いい人」を演じてきて病気になってしまったので、がんを治すには「いい人」をおやめなさいと言っている。

    ではがん患者の性格についてのまとめを。もちろんこれは一般的傾向でありがん患者さんすべてがこういう性格であると決め付けるものではない。(これは僕の個人的意見だが若い方のがんについては当てはまらないと思っている)

    ・自己評価が低い。
    ・他者や仕事などとの関係性を通して築かれたアイデンティティにこだわり、人の目に映る「自分らしさ」を自分だと信じている。そのため引退後や解雇後、あるいは離婚や愛する人との死別を経験し、自分を形成していた「関係」が終わりを迎えるとアイデンティティを見失い、自分が何者かわからなくなり、がんを発症する。
    ・対決を避けようと「和平仲介者」をかって出る。
    ・相手の愛情を失うことが恐いので、怒りを表現しないで鬱積させていく。
    ・孤独感を味わう(大家族に囲まれていても)
    ・人を心から信頼することができないため、親しい友人がほとんど居ない。
    ・大切な人、あるいは大事な何かを失い、その喪失感を抱いたまま、悲しみを隠して笑顔を見せる。
    ・外交的で周囲に明るさを振りまくタイプ。度を越した陽気な態度で、いつもパーティーの盛り上げ役。
    ・だれ彼となく面倒を見て世話好きだが、心の中には怒りを溜め込んでいる。
    ・「病的にいい人でいたい症候群」
    ・短期で怒りっぽいが、立腹させた相手に感情を直接ぶつけず、周囲に当り散らす。
    ・辛らつで憤慨しやすいが、傷つき、拒絶される傷みを乗り越えて前進することはできない。

     「一見すると性格の特徴はばらばらのように思えるかもしれませんが、80%は不平不満を言わない「いい人」であり、残りの20%は感情を表にあらわそうとはするものの、怒りを解放してその先に進むところまで行きません。

     両者にに共通するのは、傷つきやすく、怒りっぽく、自己評価が低いということです。専門家の助けを得て、感情を表現し、家族や友人から愛情あるサポートを受けながら自分自身を確立する機会を持つべきです」

     ペイジ先生の属するのは欧米人の社会だからこれがそのまま日本人のがん患者にあてはまることはないかもしれない。たとえば日本はこういう場合の“専門家の助け”がまだまだ得にくい社会環境だと思うし、“病気は個人単位のもの”という概念が強くて家族を巻き込んでのカウンセリングなどは難しいだろう。しかし参考にしてもいい見方ではないかと思う。

  • 人間の意識の成長の話は非常に興味深い。特に、肉体・感情・思考レベルの考え方には共感するものがある。チャクラについてもかなり詳細に書かれているが少し残念なのは、1つ1つの病名をチャクラと結びつけて解釈しているところである。筆者が医師のため仕方ないのだが、医療に興味のない人は読んでいても途中で飽きると思われる。
    もし、この本を読むのであれば初心者は避けるべきである。まずは簡単なチャクラの本をオススメする。さらに理解を得たい方が読むべき本であると言える。

  • 医師でもある著者が、チャクラとそれらに関する病気など
    をしっかりと解説してくれています。

    各種エネルギー複合体としての人間、それらの解説も
    あるので、アストラル体、エーテル体など聞いた事あるけど
    いまいち分かってなかった部分も例えを交え解説して
    くれているので、便利です。

    各病気に関しても、どんなのか分からないような病気の
    説明もちょこっとあるので、詳しくないあたしには助かりました。

    どんな性格、どんな思考がその症状を出すことになるのか
    などの説明、どうしていけばいいのかというのもがっつりでは
    ありませんが、説明されています。

    チャクラごとの章で、ボディランゲージなどにも書かれて
    いるので、チャクラや心理的なものも分かります。

    メディテーションCDもついていていいと思います♪

  • チャクラについての説明や
    気の流れについての解説は非常に興味深かったのだけれども
    諸々の疾病をスピリチュアルな側面から解説する部分は
    (この本の大部分ではあるのですが)
    さほど信仰(理解力?)がないと眉唾っぽく感じられるかも。。。

    チャクラについて少し理解を深めてから読む方が
    おすすめかなぁ…

  • チャクラと肉体、病気などについて理解が深まる本。

全7件中 1 - 7件を表示

クリスティン・ペイジの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴァイアナ・スタ...
おのころ 心平
ロンダ・バーン
クリスティン・ペ...
ヨハンナ パウン...
チャック・スペザ...
パラマハンサ・ヨ...
有効な右矢印 無効な右矢印

チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見を本棚に登録しているひと

ツイートする