富と宇宙と心の法則

制作 : 住友 進 
  • サンマーク出版 (2007年1月発売)
3.75
  • (14)
  • (9)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :137
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763197252

富と宇宙と心の法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そこそこ願望実現などの本を読んできたひとにはいいかも。薄い本だけど少ない言葉でエッセンスがつまっている。思考と思考のあいだの沈黙の領域を強調しているところが興味をひく。

    以下、気になったところ。
    ・本書の心構えを意識的に訓練する必要はない。無理をすればかえってストレスや緊張の原因となる。p18
    ・あらゆる可能性: あらゆる可能性とは、自分が想像できることだけでなく、自分の想像の限界を超えているものさえ、実現し手に入れることができる。p74
    ・無限の沈黙: 無限の沈黙とは神の心のこと。沈黙の知識。沈黙の知識は合理的な思考ではるかに及ばない無限の活力を秘めあらゆるものを創り出す。p75
    ・純粋な至福の状態は、純粋な愛の表れ p80
    ・素粒子を波から物質に変えるためには、関心を払う(観察する)だけでいい p81
    ・言葉が現実になることを忘れてはいけません。言葉を分析したりしてはいけません。定義したり、評価したり、解釈したりすることは禁物です。(判断をすると沈黙から抜け出てしまう)。ただ関心を払う。p82
    ・「お金持ちたちよりもお金について考えている唯一の階級の人々がいる。それは貧しい人々だ。実際、貧しい人々は、お金のことしか考えることができない」(オスカー・ワイルド)。ほんとうに富んでいる人々は、お金だけに関心を砕くことは決してありません p58

  • ■人生の経験とは、エネルギーと情報の波動が肉体や環境に表現されたもの。
    ■知識が身につけば、その知識は実現に向けて組織化される。
    ■最初に最高の目的を掲げる。最高を目指すと宇宙は応える。
    ■誰もがダルマ(人生の目的)を持って生まれてくる。目的を果たしている瞬間、仕事に対する喜びと愛情が湧いてくる。
    ■明確な目標をもつのは大切だが、目標に対する執着心を捨てるのも大事。無心になること。
    ■自分と出会う人すべてを幸せにするために生まれてきている。
    ■定義、レッテル貼り、説明、解釈、評価、分析、判断などをやめることが大切。・・・あるがままということかな
    ■否定的な考えが浮かんだら、「次に移ろう」し、人生を前向きに。
    ■時間に束縛された知覚は知性の中にあり、損得勘定をしている。時間を超越した知覚は、心の中にあり、感じるものである。
    ■別々のように見えることも、全体で、統一された場が存在している。観察されるものと、観察者は一体。
    ■価値とは真理、誠実さ、正直、愛、信念、献身、美のこと。失われると、混乱、無秩序、健康が損なわれ、貧困となり、文明は崩壊。
    ■生命力と愛情で人生に感謝しよう。
    ■未知のものは、今という一瞬、一瞬にある可能性のこと。過去を乗り越え、時間、空間、因果関係の牢獄を越える。
    ■豊かさ(富)とは、物質的、感情的、心理的、霊的欲求であれ、すべての願望をたやすく実現できることをいう。
    ■宇宙では、あらゆる要素が調和をとりながら互いに影響している。
    ■思考は、脳だけでなく細胞にも浸透し、メッセージを送っている。
    ■夢は宇宙全体の計画に織り込まれている。意思の力に含まれている。しかし、知識の力と意志(願望)の力は、超越する力の中で無限の力と可能性を見つけ出す。
    ■宇宙は大きな夢を創り出すマシーン。生み出しては実現させる。
    ■意志を固めれば、宇宙が細かなことを処理し、チャンスを提供し、実現してくれます。

  • 毎日繰り返し読んでいますが、何度読んでも飽きないし、新しい発見があります。
    ほとんど記憶するくらい読んでいるので、何かを選択するとき、迷った時、自然とこの本の言葉が浮かんできて、後で考えるととても正しい方を選んだな、ということが多々あります。
    10年計画くらいで無限の富を手に入れる予定なので、その時の心構えとしてしっかり読み続けたいです。

  • きっと、いいこといってる。
    迷ったときは〜を読んだときのような感動はなかったけれど。
    きっと、読者はこういう薄いのしか読まない、とかベスト版を!とかの希望があるだろうから、これもいいのだけれど、これだけを読んで、理解できて、人生を動かしていけるひとがいるのだろうか。
    私は、この本でいわれてる通りに、一回よんで、そのあと、すこしずつ読んで、毎日の中に気づきを、というのはしていないから、浅いから、わからないのかもしれないな。
    しかし、哲学的すぎて、言葉が、理解できないのです。

  • マイバイブルかな!?
    私にぴったりしっくり来た一冊。
    とくに自分に周りにすべてに疲れているときは読んでみて。
    元気がでるよ!

  • 引き寄せの法則が物理学的に確認されていることを解説してくれている。
    また、実践的に生きるにはどうしていくべきか、ヒントが書かれている。
    是非読んでみてください。

  • あなたが宇宙と一体になれば、どんなものでも作り出すことができる。これこそ、私たちの本来の居場所であり、内なる自己です。
    人生は自然に、幸せになる方向へと徐徐に動いています。
    瞑想の練習を通して超越体験をすると、いかなることにも惑わされない、心の安定と平安が手に入り、心が穏やかになるのを感じます。
    瞑想と活動交互に行うことで純粋な自己、知覚、意識の場により深く入っていけるようになり、活動にもプラスの影響が出てきます。
    無限の沈黙とは神の心のことです。無限の可能性の場から、あらゆるものを創り出すことができる心です。

  • 人生の経験とはエネルギーと情報の波動を環境や肉体に表現されたもの。自分が創りだすエネルギーと情報の波動。

  • 何度も読み返したくなる一冊

  • 本書を毎日読むことを一生の習慣にすれば

    あなたの行く先々にあら
    ゆるかたちで富が追いかけてくるでしょう

全10件中 1 - 10件を表示

ディーパック・チョプラの作品

富と宇宙と心の法則はこんな本です

富と宇宙と心の法則を本棚に登録しているひと

ツイートする