23時帰宅でつくる健康ごはん

著者 : 若林理砂
  • サンマーク出版 (2008年1月18日発売)
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763198044

作品紹介

おいしい!かんたん!元気になる!3ヶ月予約待ちのカリスマ鍼灸師が教えるココロとカラダに効くレシピ。

23時帰宅でつくる健康ごはんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 健康かなー…?
    少しでも自炊して野菜とれば健康ってことなのかな

  • 著者の方が実際によく作っているんだろうなーと思うレシピばかり。野菜の種類や量などの表記がやさしい。(グラムなどではなく、両手にいっぱい、のようなレシピ)
    極端なこと、厳しいことではなく、バランスのとれたアドバイスがされていて、安心できる本。

  • 1章 23時帰宅でも健康な食生活はできる
     おいしいものを食べて元気になる
     食べ物があなたをつくている
     自分のカラダに聞いてみるということ
    2章 その日の気分で選ぶごはん
     めんどくさい!
     仕事がうまくいった!
     シゴトに行きたくない
     怒り爆発5秒前
     がっつり食べたい!
     お酒が飲みたい
     明日は大事なプレゼンが・・・
     ほっこりゆっくりしたい
     ふぅ~、疲れた
    3章 悩み解決レシピ
     冷えちゃった
     今日もやっぱり便秘
     胃が重い・・・。内臓疲労?
     なんだかだるくて、やる気がでない
     頭がぼーっとして仕事が進まない
     立ちっぱなしでむくんじゃった!
     わ!ふきでもの!

  • 「 漢方薬に使われる原料は、上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)、下品(げぼん)に分けられているんだけど、この中で最上級にあげられる「上品」って実は、現在ふつうに食べられている食材のことなのです。つまり、食べ物はくすりだったわけ。
     上品に属する食材は、毎日摂取することができて、カラダに対する作用が温和だから、たくさんとってもあんまり害がないんです。中品、下品と格が下がるにつれて、良く効く強い薬剤になるんだけど、反面、毒性も強まるのです。」(p10)を読んだとき、「医食同源」という言葉が思い出されました。ホント、食べ物ってすごい。そのエネルギーを頂かないと、私たちは生きていけないのだから、その通り。

     お手軽レシピも素敵ですが(最近話題の「塩こうじ」を2008年1月出版のこの本で使っているあたり、最先端?)、ハーブやスパイスを「まほうの粉」と呼んだり、コラム的に書いてあること(「体の声を聞く」とか「健康ご飯の基礎は、”ありもん”でつくる”ふだんめし”」とか「一人ひとりが自分の”食医”」とか)がとってもわかりやすくて、”自炊が6~7割で十分!"なんて現実的なアドバイスがあって、読んでとっても安心できるし、「ちょっとだけ体にイイコトしようかな」という気持ちの背中を押してくれる、あったか~い本です。

  • 料理のレシピよりも鍼灸師である著者の経験から出た言葉の方にひかれた。
    何でも極端はよくない。でも、自分の身体なんだもの、無理のない範囲で自分の心の声が聞こえるよう耳をすまさなくてはね。

全5件中 1 - 5件を表示

若林理砂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
阿部 了(写真)
三浦 しをん
若林理砂
有効な右矢印 無効な右矢印

23時帰宅でつくる健康ごはんはこんな本です

ツイートする