もう、不満は言わない

  • サンマーク出版
4.04
  • (53)
  • (42)
  • (35)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 354
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763198082

作品紹介・あらすじ

本書の著者ウィル・ボウエンは、不平不満から自分を解き放てば、いいことがたくさん起きるというシンプルな発想に基づいて、人生をすっかり変えてしまうような「不平不満のない世界」プランを考え出しました。ある日曜日の朝、教会の訓話の中で、世界を不平不満のない場所にしたいと聴衆に話し、その気持ちが真剣なものであることを示すために、集まった人たちみんなに紫色のブレスレットを配って、こう呼びかけたのです。「自分が不平不満を口にしていることに気づいたら、このブレスレットをもう一方の手にはめ換えてください」と。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不満を言っていることに気がついたらブレスレットを違う手につけかえる。ブレスレットをつけかえない日を21日を目標にする。
    これなら出来そう、簡単簡単、と始めてみたら、これが結構大変。自分はこんなにも毎日不満を口にしていたのかとショックでした。
    実践しだしてから自分の言葉にものすごく気をつけるようになった。
    あれから10ヶ月、実践していることすら忘れてたけど、最近不満を全く言ってないことに気がついた。というか、不満に思うことがなくなった。

  • 不満で爆発しそうな時期に、本屋さんで目が合ってしまった本です。

    読み進めていくうちに、愚痴や不平不満を言っている、自分をはじめとする人々に嫌気がさしてきます。

    そう!気づいてくるんですよ。

    表紙の紫色のブレスレットは、取り寄せて持っています。

    21日間片腕にはめて愚痴らないよう実行する。
    愚痴ってしまったら、もう片方の腕にはめなおす。

    このブレスレットでなくても、自分愛用のものでも構わないと思います。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「不満などのネガティブ思考を」
      素晴らしい、、、私はブチブチ言い続けますが、不満から新しい発想を考えて、何とか世の中の不都合と渡り合いたい...
      「不満などのネガティブ思考を」
      素晴らしい、、、私はブチブチ言い続けますが、不満から新しい発想を考えて、何とか世の中の不都合と渡り合いたいです!
      2014/07/22
    • あいす桃さん
      コメントありがとうございます!
      『不満から新しい発想』っていいですね。

      本に付いてきたブレスレットはゴム製なので劣化してしまいました...
      コメントありがとうございます!
      『不満から新しい発想』っていいですね。

      本に付いてきたブレスレットはゴム製なので劣化してしまいましたよ・・・。
      2014/07/23
  • 「タバコと不満は同じようなもの」という感想。
    どっちも百害あって一利なし、っていう。

    禁煙セラピーという本でタバコを辞めた僕としてはそう感じる内容でとても読みやすく面白いです。

    タバコって、頭では
    「辞めたいな~」
    とか
    「吸っても不健康やし」

    って考えてる人も多いと思います。

    でも吸うとスッキリする”ような気がする”

    そんな気がするだけで結局身体的にはストレスになってて、タバコがないとイライラしたりします。

    けどタバコ吸わない人はタバコが無いからといって常にイライラはしません。


    それと同じように、不平不満・愚痴・悪口も、言うとスッキリしたような気がしますが、結局得るものはない。

    文句も言いたくなりますが、評価として意見することと文句・悪口を言う事は似て非なるモノ。


    タバコを辞めるのも難しいですが、不満や愚痴を言わなくなることはさらにハードルが高そう・・・少なくともぼくには。


    でも
    「言ったからといって生活が良くなるわけではないもの」
    と思うと、無くなって得こそしても損はしないと思う。


    タバコは一箱300円(喫煙当時)くらいでしたが、愚痴や不満・悪口で失うものはそれどころじゃないですね、反省。

  • いろいろ改善したくて手に取りました。

    作中で触れられているブレスレットはありませんが、
    手元にあったブレスレットで代用してチャレンジ開始です。
    単純に「不満を言わない」と意識するだけよりも、
    自分の「意識の印」を身につけている分、
    気をつけやすいのではないかと思います。
    ことばを発するときに、ちょっと考えるようになりました。
    21日続けられるようにがんばりますw。

    自分が口にすることばが、自分の生活を作る。
    言霊思想や「引き寄せの法則」にも通じるものがあると思います。
    いいこと言ってます。あとは実践するだけです(笑)。

  • とある人に対してだけ、
    不満を強く抱くコトに疲れて

    解決策を求めて読みました。

    この本の中に答えがあったと思います。

    まず、私からマイナスの感情を捨て去ろうと思います。
    そして、それでも、相手が変わらなければ

    そっと離れようと思います。

    でも、きっと事態は好転すると思います。
    信じて、不満や不安を
    口にしないよう、続けて行きます。

  • ・誰かが不平を言っても、私は批判されたと考えず、その人が今起こっている事柄について理解しようとしているのだと、とらえるようにしています。解決策を探るか、さもなければ事態を受け入れる。そういう姿勢でいると、ストレスが減って、家でも仕事でも事がうまく運ぶようです。

    ・あなたの状況を改善できる立場の人に、事実を告げることは、不平不満ではありません。誰かに怒りをぶつけたり、自分あるいはほかの人に向かって状況を嘆いたりすることは、不平不満です。

    ・いいことがあったら、どんな小さなことでも、「ほら、やっぱり!」と言ってみましょう。

    ・前向きのエネルギーがでるような言葉に変える

  • ただ、紫のシリコンブレスレットを手にはめて二十一日間、不平不満・人を責める言葉・ゴシップなどを口にしないように努めたという、ただそれだけのことです。
    一冊の本を皆で読み、それについて語り合う。内容を深く掘り下げたり、互いの疑問・アイデア・理解を交換する
    人間が新しい行動を習慣にするにも、やはり21日間かかる
    肝心なのは自分が口にする言葉を認識すること
    人生は自分で脚本を書いて監督している映画のようなもの
    自分の考え方を変えなさい。そうすれば人生が変わる。
    私は毎朝それを3回声に出して読み、毎晩3回書き出しました。
    幸せな人間つまり自分の思考をコントロールでき、人生をデザインできるような人であるためには不平・不満・愚痴をめったなことでは言わないようになる必要があります。
    言葉によって思考を現し、思考によって、この世界を作り出しているのは私たちです。
    今与えられている幸せにもっと目を向けて日々を暮していくべき
    人のうわさをしても良い時 ①そこにいない人を話題にしていても、それが誉め言葉である②その人に関して言った言葉を一言一句その人の前でも繰り返すことが出来る
    あなたが気になって仕方ない性癖というのは往々にして、あなた自身がもっているものなのです
    人間には他者に同調してパターンをつくるという傾向がある
    人を変えたいのなら、まず自分が変わらなければならないのです。
    成功とは失敗と失敗の間にも情熱を持ち続けていることだ。
    健全な自尊心をきちんと持っている人、自分の長所を喜び弱点を受け入れている人、ありのままの自分でいられる人、他人の前で自分を取り繕う必要が無い人、こういう人は自慢をしません。
    成功した人物の自伝などを読むと、彼らは試練の多い人生に関わらず成功したのではなく、試練の多い人生だからこそ成功したということが分かります。
    自分を責める内なる声「まったく欠点を見つけることにかけては天才的だね。本当にありがたいことだ」かつて嫌っていた自分の色々な面を好きになって来ました。
    良いことを考えれば、良いことをたくさん思いつきます。自分が有難いと思うことを5つ紙に書きつける。有難いと思っていることを話せば、良いことが引き寄せられます。
    ちょっと一息吸うことで、言葉をもう少し注意深く選ぶゆとりが生まれます。
    現状に対して不平を言うより、何が欲しいのかをはっきり言う方が、より確実に手に入ります。解決策を探るか、さもなければ事態を受け入れる。
    自分は幸福であると信じていることが幸運をもたらしているように思えます。
    前向きのエネルギーが出るような言葉に置き換えてみて下さい。自分の行動を肯定的にほめたり、格言を口にしたりして自分を励ますようにした。
    好意的な評価を与えられた人はもっと評価を得たいと思って、さらに伸びます。
    人生のすべての瞬間は幸せのためにある。
    自分の生き方や口にする言葉の価値にもっと着目すれば恵みが引き寄せられてきます。
    自分の人生をこうしたい、こんなことが起こると良い、ということをもっといっぱい口に出す
    人間関係が前向きになり、人と衝突することが少なくなった。
    不平・不満を言わなくなっただけでなく、良いことに目が行くようになり与えられた恵みに感謝することができるようになりました。
    ともかく続けることですね。
    新しいポジティブな態度もまた、人に癒しを与える形で伝わっていくようです。
    言葉は大きな力を持つということ、自分にはそれを気を付けて使う責任がある
    自分の中の「光」の部分を見出すことが出来るようになり、周りの人や状況の不完全な所を大目に見られるようになりました。
    人の言葉の裏にあるメッセージを聴き取ろうとする。
    愛とは無条件に相手を受け入れること。

  • 普段いかに自分が不満を言っているのか思い知らされる本。たった21日間不満を言わなければクリアできる・・・ただそれだけなのに3か月たった今でもクリアできていません。本によると、平均4~8か月でクリアできると書いてあるのですが、現在、長くても3日で失敗してしまうのが今の現実です。でも何か月かかったとしても成功させたいです。

  • これは素晴らしい思い出のできた本。
    本の内容にいたく感銘を受けて、ブレスレットはいいなと思い、探してたどり着いたのがイルビゾンテ。購入したら一つはあたり、一つはまあまあだった。何気ないLINEの中でよしみちゃんに話したら、なんと作って送ってくれた!本当に嬉しかった。ボタンタイプで馴染むなじむ。最高にいい。夫にまで送ってくれて、驚いたのは彼が翌日何も言わないのに会社に付けていったこと。ビックリしたΣ(・□・;)友人たちもお揃い。思いがけない出会いと発見と絆ができた一つの出来事です。この本に出会ってよかった・・・。

  • 幸せな人間つまり、自分の思考をコントロールでき、人生をデザインできるような人であるためには、不平不満や愚痴をめったなことでは言わないようになる必要がある。

    言葉によって思考を表し、思考によってこの世界を作り出している。口にする言葉を制御することができれば、欲することを引き寄せることができる。

全49件中 1 - 10件を表示

もう、不満は言わないのその他の作品

ウィル・ボウエンの作品

もう、不満は言わないを本棚に登録しているひと

ツイートする