つらいときに読む本

著者 :
  • サンマーク出版
3.46
  • (5)
  • (7)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :82
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763198693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「幸せとは感謝できる状態のこと」感謝を感じて生きたい。

  • 非常に素直なタイトルであり、内容に臭みがない。
    筆者自身のつらい環境をありのまま書いている。
    ただただ、私はつらい病気に打ち勝てたんだ、だからあなたも大丈夫よ、といった上から目線でないところも良いと思う。

  • 自分も結構辛いと思っていましたが
    世の中には自分より辛い人がい~っぱいいることを
    改めて思い知りました。

    読んでいて涙が止まらなかった

  • 絶対に終わらないと思える悩みを抱えていても、生きていれば変わってくる。人は成長する。
    笑うことができれば、人は楽になれる。
    ちゃんと笑っていますか?
    強者は努力する方法を知っている。強くなることは超える力を得ること。自己に責任を課すことで心が鍛えられる。本気で挑戦するときには最大限の努力が必要。心の安定に運やツキはいらない。
    自分が楽しめないのは自分の責任。楽しんで生きないのはもったいない。

  • 参考になった。

  • 著者の体験をもとに、
    (主に身体的に)つらいときにどう考えたらよいかを提案。

  • 読者を思ってメッセージをつむいでくれているのが伝わってくる。つらい気持ちに寄り添いながら、いつの間にか、あたたかく背中を押してくれている。そんな一冊。著者は、長期の入院、治療法のない対症療法、余命宣告を受ける。1年の移植待機を経て、オーストラリアで脳死肝臓移植手術に成功し、第2の人生として執筆活動へ。様々な感謝と覚悟と意思の継続と・・・。ちょっとしたことで、何かを変えていける。人にプレゼントしたくなる本。

  • 探すべきもの:できないこと→できること<br />今感じるべきこと:不幸な境遇→この世に生を受けている奇跡<br /><br />自分がつらい状況になったとき、アタマでの理解を心での納得に実践できるだろうか。<br />身近な人がつらい状況になったとき、どうやって支えて上げれるだろうか。

  • ツライ時に読むのにぴったりな本。

全12件中 1 - 10件を表示

つらいときに読む本のその他の作品

つらいときに読む本 Kindle版 つらいときに読む本 小林昭洋

小林昭洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
小池 龍之介
デール カーネギ...
フィリップ・マグ...
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

つらいときに読む本を本棚に登録しているひと

ツイートする