いのちのいれもの

著者 :
制作 : 堀川 真 
  • サンマーク出版
3.67
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763199225

作品紹介・あらすじ

旭山動物園元名誉園長がいちばん伝えたかったこととは?動物たちが教えてくれた、いのちをつなげていくということ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あさひやまどうぶつえんのお話で、小さないのちも大きないのちも、同じというお話です。

  • 700万年前に人間の祖先となる類人猿が誕生した。
    2億年前には哺乳類の祖先になったねずみのような生きものがいた。
    さらに遡ると、爬虫類や両生類に行き当たり、もっと深く潜ると魚類がいる。そして行き止まりは40億年前。原始の海に原始の命が誕生した。この命が、今生きている全ての命の祖先だ。

  • 8分40秒☆

  • 旭山動物園で遠足にいったときにみた元気のなかったアムールトラのイチが家族で行ったときに病気で亡くなっていたことをきっかけにトコちゃんが命について園長さんに教えてもらいます。
    生命の命の神秘や大切さを改めて感じました。

  • 第21回けんぶち絵本の里大賞 びばからす賞 受賞作品
    by えみママ

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

旭山市旭山動物園前園長、北海道大学客員教授。1948年、北海道生まれ。北海道大学獣医学部卒業後、獣医師・飼育係として旭川市旭山動物園に就職。飼育係長、副園長などを歴任し、1995年に園長に就任した後、閉園の危機がささやかれていた旭山動物園を再建し、月間入園者数日本一を達成した。全国での講演活動も行う。10年以上続けているNHKラジオセンター「子ども科学電話相談」での回答は、ライフワークのひとつとなっている。主な著書に『生きる意味ってなんだろう?』『「旭山動物園」革命』(以上、KADOKAWA)など多数。

小菅正夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティム イーガン
リズ・ガートン ...
シェル・シルヴァ...
マージェリィ・W...
マージェリー カ...
マーガレット・ワ...
川端 誠
かがくい ひろし
平田 研也
カーラ カスキン
くすのき しげの...
長谷川 義史
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする