ダイエットに成功する人は、なぜ仕事もうまくいくのか?

著者 : はまち。
  • サンマーク出版 (2009年7月17日発売)
3.06
  • (1)
  • (2)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763199416

ダイエットに成功する人は、なぜ仕事もうまくいくのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二四が八
    24時間経過すれば八割のことは忘れる

    頑張っても成功しないときはアプローチが間違っている
    運動してても食べ過ぎに着目してないとかそういうことですかね。

  • "ダイエット"と"仕事"は似たところがあります。

    一時的に成果をせばいいのではなく、
    継続して結果をだす必要があること。

    そして、目標を立ててやろうと思っても
    結局、出来ずじまいで終わってしまう人が多いこと。



    本日ご紹介する本は、

    以前、ブームになった朝バナナダイエットの提唱者が、
    目標達成の技術をまとめた1冊。

    ダイエットにも仕事にも活用できる
    身近なノウハウが書かれています。



    ポイントは
    「できそう」

    ダイエットでも、最初は意気込んで
    ”毎日、ジムに通って筋トレをする”など
    無理な計画を立ててしまうと
    結局、できないことになります。

    まずは、”これなら確実に自分にもできそうだ”
    と思えることが重要です。


    「やることを決める」

    まずは、やりたいことを全部書き出します。
    そして、すぐに1つ始める。
    2つ同時にはやりません。

    1番を決めるということは、
    2番目以降のものを捨てるということ

    でも、1番ができるよにうになってしまえば、
    案外2番も簡単にできたりします。



    「見えない化」

    仕事の成果は”集中力×時間”。

    いかに集中力を持って仕事できるかが重要です。

    ”見えない化”とは、机の上をキレイにして、
    目の前のやるべきこと以外は見えないようにすること

    今やろうとすることに関係ないことは
    一旦片付けて、見えないようにしましょう。

    片付けるだけなら、簡単にできるはずです。



    「他人を意識する」

    人間、自分のためになにかをしようとしても、
    困難があると、あきらめやすいものでです。

    でも、他人にためにしなければならない時は、
    なぜか頑張れるものです。

    何かつらい思いがあるなら、
    自分のつらい思いに意識を向けるのではなく、
    同じ気持ちを味わう人を減らすことに
    意識を向けてみましょう。


    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「時間を大切に扱おう」=最も時間を割いている娯楽を1つやめよう。ほかはやめなくていい
    やりたいことを全部書き出そう。すぐに1つ始める。2つ同時にやらない。
    自分の部屋が整理整頓できている状態が当たり前になってくると、今度は職場でも整理したくなってくる
    情報管理で最も重要なことは、今1番やりたいことの情報に集中すること
    何かを新たに専門的に勉強したいとき、そのジャンルの本を10冊読む
    「なぜ?」よりも「どうしたら○○できるか?」と考えることでうまくいくようになる
    応援力の高い人は、普通の人の何倍も経験の幅を広げることができると同時に、広い視野で見ることができる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    序章 ダメサラリーマンの決意
    第1章 三日坊主グセから抜け出す!時間管理術
    第2章 惑わされない!情報管理術
    第3章 いらいらにさようなら!ストレス撃退術
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image01w.seesaawiki.jp/f/2/fujiit0202/5d5ac30c55476eb4.png
     

  • たまたま図書館で背表紙が目に止まり、読みやすそうだったので、手に取り1時間程度で読み終えることが出来るお気軽本でした。
    バナナダイエット自体、言葉を聞いた事がある程度で「XXダイエット」のように流行り廃りのあるものだと思っていたので関心もありませんでした。
    この本自体、ダイエット方法について述べて居なかったので、その点は良かったです。筆者のことはこの本を読むまで知らなかった。
    知りたいと思った分野の本を最低10冊読むことを推奨していたが、分野によってはチョット無理かと思えた。

  • 朝バナナダイエットが大ヒットした著者の「自己改革」の手引き。やりたいことを書き出したら、「まずは1日で変化が得られるものなど、短い期間で成長を実感できることから」着手する。著者と同じくダイエットに成功した経験から、そこがダイエットが続くかどうかの成否の分かれ目だと実感している。これをダイエット以外にも応用すればいいのだと、腑に落ちた。

    それが書いてある前半が読みどころ。後半はどうでもいい。

  • ダイエットとか関係ありません。
    単に著者にとってうまく行く仕事術の羅列で、そこらにあるビジネス本と似たようなものです。

  • ■自己成長
    ?一年間、自己成長のために最大限の時間を割り当てる。まよったらやる。
    ?やりたいことを全部かきだそう。まず、ひとつ取り組む。二つ同時にはやらない。
    ?自分自身とアポをとる。休日こそスケジュールをくむ。
    ?異種交流会をさがして参加しよう。

全7件中 1 - 7件を表示

ダイエットに成功する人は、なぜ仕事もうまくいくのか?のその他の作品

はまち。の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ブライアン・トレ...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

ダイエットに成功する人は、なぜ仕事もうまくいくのか?はこんな本です

ツイートする