アリ地獄先生の「売らないのに売れる」秘密の授業

著者 : 佐藤昌弘
  • サンマーク出版 (2009年10月9日発売)
3.46
  • (2)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763199621

アリ地獄先生の「売らないのに売れる」秘密の授業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マーケティング・トルネード社の佐藤昌弘氏の著作。

    マーケティングの本質をアリ地獄、チョウチンアンコウ、コウモリ、コバンザメの補食活動に例えながら解説。

    切り口が斬新で、面白い。
    書いてあるマーケティングに関する知識はどれも基本的なものであるが、動物・昆虫の補食活動に例えることで深く理解できるような工夫がされている。

  • 営業やマーケティングの方法論の大切さを動物たちの習性に例えている。さらにそれらの動物たちを教師、そしてそれらに捕食される側の動物たちが生徒に置き換え、子どもに語りかけるように話が進められていた。

    入門編、固い本が読むのが苦手という人にはお勧め。また、内容にブラックユーモアが話のオチに据えられていて、飽きない(?)かも。

    ただ、もう読み返すことはないかな。

  • 面白かった。

    アリ地獄って生き物だって知らなかった。

    世の中知らない事だらけ。
    マーケティングも知らない事だらけ。
    とってもわかりやすくてよかったな。

  • 動物の学校にて、各々特徴のある動物や虫が授業を行い、餌取りのノウハウを伝授するという空想的な流れだが、そこに忘れかけているビジネスの仕組みやモットー、あるいは新しい気づきを盛り込んだ本・・・割とページ数稼ぎで流れている部分も多いが、何より分かりやすい。最も簡単で優しいビジネスのやり方や売り方です。ブラックユーモアや風刺も採用した遊び心もあるので、一日で読めます!・・・ちょっと物足りなさもあるが、入門者向きだと思います。

  • この本も面白い。
    動物のサバイバル術とマーケティングの比喩がわかりやすい。
    他の本で学んだ後に読むといいんじゃないでしょうか。

全5件中 1 - 5件を表示

佐藤昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
神田 昌典
ブライアン・トレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アリ地獄先生の「売らないのに売れる」秘密の授業はこんな本です

ツイートする