また作りたくなる1週間献立ノート

  • サンマーク出版
3.61
  • (5)
  • (10)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 136
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763199829

作品紹介・あらすじ

友達が遊びにくるとき、パーティーなどに便利な「おもてなしの日のごはん」疲れてしまったとき、時間がないときでも作れる「忙しい日のごはん」朝食、昼食、夕食、おべんとうに使えるおいしくて栄養がある「いつものごはん」どんなときでも作りたくなる、3週間分の献立です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • や、使いまわせるのか本当に…。まいっか。読む分には面白かったです。 

  • よそのおうちの献立をそっと覗いているような本。
    自分でもこういう献立ノートを作りたくなる。

  • 写真がとにかく美味しそう。
    この本をみると、食欲が沸いてきます。

  • 図書館で借りて、これは改めて購入して自分の手元に置いておくつもり。普段冷蔵庫に入っているもので十分1週間まかなえるんだなぁ。

  • 見る本としては楽しい・・・が、レシピ本としては少々使いにくい。

  • 日々の献立にとても役立っています!
    健康になれるような気がしてとても好きな本です。

  • 作ってみたら、まあ、美味しかった。
    写真もキレイ♪

    ・・・でもこのレシピ本、見づらい!
    いつものように、また作りたいレシピを、数枚コピーしておきました。

  • ネットのレビューがよかったので、
    実際に本屋さんで目を通してから
    ネットで購入しました。
    お値段はちょっぴりお高いのですが、
    それだけの価値はあるなと思いました。
    3週間分の献立[朝、昼、夜]が載っているので
    同じように作っていくのも楽しいだろうし、
    P124,125に材料ごとのindexもついてるので
    冷蔵庫と相談するのにとても便利です。
    また写真がとてもツボで、撮り方や器も楽しめます。
    小学生も作れるような簡単で分かりやすい説明で、
    何度もページを開きたくなります。
    お料理本はあまり買わないのですが、
    この本は久々にヒットの本でした。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

料理研究家。デザイナー時代に友人や知人のために作ったまかないやお弁当が評判を呼び、ケータリングサービスを始め、料理の道へ。現在テレビや、雑誌、書籍などで、作りやすくバランスのよいレシピを提案している。中学生の息子の母としての顔も。主な著書に『作り込まない作りおき』『何も作りたくない日はご飯と汁だけあればいい』(ともにKADOKAWA)がある。

「2021年 『ワタナベマキの台湾食堂』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ワタナベマキの作品

ツイートする
×