メディアスクラム―集団的過熱取材と報道の自由

著者 :
  • 花伝社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763404251

作品紹介・あらすじ

北朝鮮拉致被害者問題は、どのように報道されたか、集団的過熱取材対策はどうあるべきか。過熱取材へ向かう競争本能。メディアはどう対応すべきか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鶴岡憲一さん『メディアスクラム―集団的過熱取材と報道の自由』読了。

    事件の被害者や弱者に負担をかけない取材活動や報道を行うために、
    近年のマスコミがどのようなことを行なってきているか、ということを
    紹介した本です。

    --------------------
    過熱取材へ向かう競争本能
    メディアはどう対応すべきか?

    北朝鮮拉致被害者問題は、どのように報道されたか
    集団的過熱取材対策はどうあるべきか
    メディアの対応の具体的検証を通して、報道のあり方を考える――
    --------------------

    色々な取組みがおこなわれていることが分かったのですが、
    残念ながらそれでも不信感を拭うことができませんでした。

    具体的にどの部分なのだ、と問われると苦しいのですが、
    あえていうと文章ひとつひとつの端々が、
    どうも私の心にガサガサとひっっかるのです。

    本書を読んで驚いたことは、私の心の中に根付いてしまった
    マスメディア不信が想像以上に深いということを、
    文章を読み進めるたびに再認識したことでした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1947年、群馬県生まれ。東京教育大学文学部卒。
読売新聞社会部、解説部等をへて東京本社編集委員、内閣府消費者委員会消費者安全専門調査会委員、
消費者庁「事故調査機関の在り方に関する検討会」委員、上智大学と日本大学の講師等を歴任。
著書に「メディアスクラム 集団的過熱取材と報道の自由」、共著に「日本の情報公開法 抵抗する官僚」(花伝社)、
「消費者事故調 その実像と将来像」(学文社)など。

「2015年 『日航機事故の謎は解けたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鶴岡憲一の作品

メディアスクラム―集団的過熱取材と報道の自由を本棚に登録しているひと

ツイートする
×