逆説のニヒリズム

著者 :
  • 花伝社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763404909

作品紹介・あらすじ

宇宙論的ニヒリズムへの招待
ポスト9・11に問いかける哲学

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者の宇宙論的ニヒリズムの考え方には只々感心するばかりである。
    科学的に宇宙すらも有限であるという見地から、人間が究極的には無意味な存在であると主張。
    ただ、著者はこれに留まらず、宇宙論的ニヒリズムの考え方に則った生き方についても考察しており、大変興味深い。
    ただ、最後の映画の講評は必要であったのかと甚だ疑問である。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

渋谷 治美(しぶや はるよし)
1948年 静岡県御前崎に生まれる
1972年 東京大学文学部倫理学科卒業

現在 埼玉大学教育学部教授 埼玉大学副学長

専攻 カント倫理学・総合人間学

「2009年 『リア王と疎外 シェイクスピアの人間哲学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逆説のニヒリズムのその他の作品

逆説のニヒリズムの詳細を見る 単行本 逆説のニヒリズム 渋谷治美

渋谷治美の作品

ツイートする