地震は貧困に襲いかかる―「阪神・淡路大震災」死者6437人の叫び

  • 花伝社 (2008年1月発売)
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 14人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763405111

作品紹介

震災の被害は平等には訪れない!
浮かび上がってきた“格差社会と震災”の全貌
・死者はどのように葬られたのか?
・生活保護家庭の死者発生率は一般の人々の5倍。
・貧困者のほか、高齢者、障害者、外国人などの震災弱者たち。
格差がいっそう深まっている今日、もし大都市を大地震が襲ったら?

地震は貧困に襲いかかる―「阪神・淡路大震災」死者6437人の叫びの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阪神大震災(1995年)からかなりの年月が過ぎましたが、出身地であったことや両親が住んでいたこともあり、いまだに印象に残っています。被害者の確定情報が11年以上経過した2006年に出された(p6)のは驚きでした。筆者の結論は、「被害は平等に訪れるわけではない、格差社会や貧困という社会問題に関連する」とのことでした。

    以下は気になったポイントです。

    ・地震に関する予知(1983年)が公にならなかったのは、当時、神戸空港建設計画が進んでいたためか(p22)

    ・1994年12月頃から神戸では、たびたび地震があり、壁にひび割れが起きていた(p23)

    ・建築基準法の基準(耐力壁量の最低基準)は、消防法と異なって、改訂されても既存建物に適用されない(p45)

    ・神戸市内の火葬場は、4箇所53炉(甲南、有馬、鴨越、西神)である(p85)

    ・阪神大震災の死者数が増えた(1995年5月23日発表と比較して)のは、関連死も認められることになったからである(p96)

    ・全壊・半壊数は、どこも似た数字であるが、死亡率では生活保護需給世帯が一般世帯に比べて5倍も高い(p113)

    ・神戸市垂水区と明石市を中心に、中国からの帰国者が住んでいる(p118)

    ・関東大震災で被害が大きかった東京都と横浜市に共通しているのは、埋立地という地質的には軟弱な地盤であったということ(p159)

    ・厚生労働省の「ホームレス」の全国調査の方法は、市町村職員が夕方から午後8時頃までに現場で人数を数えたもの(p160)

    ・ワーキングプアとは、生活保護水準以下(年収200万円以下)を指し、男性218万人、女性328万人である(p167)

    ・2007年現在、フリーター数は400万人を超え、非正規雇用者数は1600万人、フリーター平均年収は106万円である(p180)

  • お金がない人が住んでる住宅って 耐震基準 が 守られてない可能性が高い っていうのは 地震のたびに 明らかになるのに なんで耐震補強は 進まないのかなぁ

全2件中 1 - 2件を表示

いのうえせつこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

地震は貧困に襲いかかる―「阪神・淡路大震災」死者6437人の叫びはこんな本です

地震は貧困に襲いかかる―「阪神・淡路大震災」死者6437人の叫びを本棚に登録しているひと

ツイートする