僕が見たアフリカの国―セネガル見聞録

著者 :
  • 花伝社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763405937

作品紹介・あらすじ

日本の若者が出会った素顔のアフリカ
未知の可能性を秘めたアフリカ
いまアフリカが面白い!

ついに躍動を始めた未知なる大陸、アフリカ
セネガル・ダカール大学への留学経験を通じて日本の若者が得た強烈な異文化経験とは――
世界中のどことも似ていない場所、アフリカの現在・過去・未来

セネガルを通して見たアフリカ最新レポート!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地球の歩き方など、ガイドブックも出ていない国、セネガルについて、光と闇、言語、宗教、人、文化、過去、未来が冷静な視点で書かれていて、セネガルについて知りたかった自分にはとても為になりました。イスラム教とキリスト教の共存の話や、ムーリッドの話が面白い。

  • 和図書 302.4/U45
    資料ID 20111034962

  • セネガルに単身留学した若者の著書とのことだが、現場を歩いて見聞きした内容を沢山盛り込んだ構成は臨場感があって一気に読めた。この本だけでアフリカやセネガルを理解した気になるのは危険だが、一つの見方として秀逸。読み物としても楽しめる。オススメです(^-^)/

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1984年福岡県生まれ、ルポライター。明治大学文学部卒業(西洋史専攻)。
大学卒業後、海上自衛隊に勤める。退官後、フランス次いでセネガルに留学。帰国後はアテネ・フランセ フランス語科サンテティック研究室助手を経て、
2011年より在外公館派遣員として在ブルキナファソ日本国大使館にて勤務。
2016年からはガボン共和国にて、日本大使館との業務委嘱契約に基づき「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の開発コンサルタント業務に従事。
現在、アフリカの都市に暮らす遊牧民や狩猟採集民の生活をテーマにした作品を企画中。
著書にセネガル在住中に現地社会事情をまとめた『僕が見たアフリカの国―セネガル見聞録―』(花伝社)がある。

「2016年 『ルポ アフリカに進出する日本の新宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上野庸平の作品

ツイートする