チャイメリカ―米中結託と日本の進路

著者 :
  • 花伝社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763406354

作品紹介・あらすじ

チャイメリカ=米中結託=協調体制こそが核心
同床異夢、中国に財布を握られているアメリカは、中国とは戦えない。
中国経済に深く依存する日本も、中国を敵にすることは不可能だ。
中国を仮想敵国とした日米安保は無用であり、すみやかに条件を整えて廃止すべきだ。
刺激的な現代中国論――激動の中国を読む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • セミナー
    尖閣諸島を日本領土というのは厳しいとの明確な論旨。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1938年生まれ。東京大学経済学部卒。東洋経済新報社記者、アジア経済研究所研究員、横浜市立大学教授を経て、横浜市立大学名誉教授。㈶東洋文庫研究員、21世紀中国総研ディレクター、朝河貫一博士顕彰協会代表理事。
著書
『文化大革命』『毛沢東と周恩来』『朝河貫一とその時代』『〈図説〉中国力(チャイナ・パワー)』『劉暁波と中国民主化のゆくえ』『チャイメリカ――米中結託と日本の進路』『尖閣問題の核心』『尖閣衝突は沖縄返還に始まる』『敗戦・沖縄・天皇――尖閣衝突の遠景』『対米従属の原点 ペリーの白旗』『南シナ海領土紛争と日本』他多数。『習近平の夢――台頭する中国と米中露三角関係』で第五回「岡倉天心記念賞」最優秀賞を受賞。

「2018年 『中国の夢 電脳社会主義の可能性』 で使われていた紹介文から引用しています。」

矢吹晋の作品

ツイートする