インド・アフター・インド―境界線の往来

著者 :
  • 花伝社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763406392

作品紹介・あらすじ

また明日、インドに行こう

「ホントに自分でもあきれちゃうほど わたしはインドと、インド人が、大好きみたいだ」
あの頃といま、偶然と必然、当事者と旅人、インドと東京……いくつもの境界線を探す旅

ニューデリーの夜の熱気、バラナシのむき出しの生と死、リシケシのディープなヨガ体験――“そこにしかないもの”ばかりの国・インド

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「行くと人生観が変わる」なんて言われているインドと日本の往復を続けて15年以上という著者。長い年月の間に、インドの日常に浸かりながらも、常に旅人としての視点からもインドを見つめてきた。
    インドの食文化や習慣、インド人と交わした何気ない言葉の端々から、独特の死生観、時間観念を垣間見ることができる。

  • 呼吸

    息吹


    感覚がふわっと味わえる。感じれる。


    名言隠れてる!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

宮城県生まれ。絵本や幼年童話の挿絵、幼児向け雑誌を中心に活動している。主な作品に『駅のおかあちゃん』(講談社)、『ぼくんちのねこたしざん』(文溪堂)、『はじめてのしかけずかん・おみせやさん』(学研教育出版)、『まんぷく!もぐもぐ3人ぐみ(スーパーワイド迷路絵本)』(チャイルド本社)、『おにのパンツ』(ひさかたチャイルド)などがある。

「2018年 『おつかいありさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木博子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする