自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心

著者 : 三宅勝久
  • 花伝社 (2013年7月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763406705

作品紹介

隊員たちの叫びと涙──渾身のルポ

災害復旧や周辺諸国との緊張で存在感を増す巨大組織
頻発する自殺、いじめ、パワハラ、腐敗
自衛隊員が直面する巨大組織の現実
終わりなき隠蔽体質が引き起こした理不尽な事件の数々

自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たちかぜ事件から始まって、いじめや暴力や汚職についての取材結果。
    しらゆきの話とか行間からやられてもしょうがない隊員だったのかなって思えるんだが、でも暴力はいかんぞな。警務隊も警察も一緒なんかな、むちゃくちゃ取り調べて自白させる手法とか。

全1件中 1 - 1件を表示

三宅勝久の作品

自衛隊員が泣いている―壊れゆく“兵士”の命と心を本棚に登録しているひと

ツイートする