オルタナティブロックの社会学

著者 :
  • 花伝社
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763406989

作品紹介・あらすじ

「波」から「渦」へ──
「表現」から「スポーツ」へ──
身体化するオルタナ以降のロックミュージック

最後のロックレジェンド、カート・コバーンを境界として、90~ゼロ年代の伝説なき時代にロックはどのように変化し進化を遂げたのか
カウンターカルチャーの重責を免れたオルタナティブロックの歩みを、多彩かつ緻密な考察で検証したロック研究の到達点

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここ半世紀程度の音楽史や、音楽そのものの変遷、を世界的あるいは国内という視点で社会文化事情から考察したものであるが、何となく感じていたことがある程度確からしい(社会学という学問の性質上断定は難しそうだ)レベルで記されており良著だと感じた。
    僕たち社会内存在がこの情報化社会の中で自己を確立するにあたって、ロックとやらと、はたまた音楽とどう付き合っていくのか、それを考え直す上でのエートスとでもなるのではないか。音楽にハマり始めている人にはそれくらい読む価値があるものだと思う。
    十分に詳しい人は逆に面白くないかもしれないし、全く音楽に興味がない人は知らない言葉や名前が多すぎてつまらないかなと。
    何にしても読むのにとても疲れた。

  • カートが自殺した年を時代の終わりと始まりと捉えている。
    まずオルタナティブロックとは何かを歴史から読み解いていく。オルタナティブロックにより、それまでロックは波の音楽だったが、リフの繰り返しや爆音ギターや音響の波形から、渦の音楽に変わった。そして、より白人的な音楽に変わっていった。
    また、作者はロックとスポーツの関連性を指摘する。その身体性という観点はもちろん、メロコアとスケーターの接近、音響技術の発展に伴うフェスによる体感の音楽へ。
    ここで話題は日本に。ロスジェネの76世代によって洋楽におもねらない日本のオルタナティブロックが誕生した。
    最後に、現代社会の情報化がアーティストや音楽の歴史や物語を奪い取り、触覚による音楽の取捨選択、フェスによる体感、みんなで盛り上がるという遊びの体感に移行していることを指摘する。

  • 764.7||Mi

全4件中 1 - 4件を表示

南田勝也の作品

オルタナティブロックの社会学を本棚に登録しているひと

ツイートする