北朝鮮ポップスの世界

  • 花伝社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763407306

作品紹介・あらすじ

前代未聞、本邦初!北朝鮮のポップミュージックに関する音楽本です。そもそも「北朝鮮に音楽なんてあるの?」と思われるかもしれませんが、北朝鮮は知られざる音楽大国。その独特で他に類を見ない音楽性は、ワールドミュージック最後のフロンティアなのです。
お察しのとおり、北朝鮮の大衆音楽はすべて国家の管理の下に制作されるプロパガンダミュージックですが、本書は「体制の善し悪しと音楽の善し悪しは別」とのたちばから純粋に北朝鮮音楽を紹介し、その歴史や特徴、聴きどころを解説していきます。
北朝鮮の音楽はCDなどパッケージを入手することができないのですが、本書で紹介されている楽曲はすべて、YouTubeで鑑賞することが可能です。本書片手にネットで北朝鮮ポップスを楽しんでいただける、ディスクガイドのような実用性を備えています。
また、対談形式で展開されており、音楽の話だけでなく北朝鮮の社会や文化に関する記述が多く含まれています。音楽を入り口に北朝鮮を知る、北朝鮮社会を知る上で音楽や文化にも触れる、どちらのアプローチからも面白く読める内容に仕上がっています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 盲点を突いてくる態の、或る種痛快な本。歌曲のイデオロギーには賛同しない・出来ないが、動画サイトなどで楽曲なり実演を見聞きしたくなる…。図書館本。 113

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1966年大阪生まれの在日コリアン2世。朝鮮総連系の大阪朝鮮高級学校卒業後、関西大学に進み北朝鮮問題に関わり始める。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学。現地から北朝鮮難民「脱北者」の実体を世界にさきがけて発信した。帰国後は、テレビディレクターと活動しながら北朝鮮取材を進めるが、中朝国境での活動が北朝鮮当局の逆鱗に触れ、2度の指名手配を受ける。2010年より北朝鮮情報専門サイト「デイリーNK」の東京支局長に就任。2011年には在日朝鮮人で金正恩の実母・高ヨンヒ(高英姫)の出自について定説を覆すスクープを出す。2014年12月からリニューアルされた「デイリーNKジャパン」編集長として北朝鮮情報を中心にテレビ、ラジオ、週刊誌などを通じてジャーナリストとして活動中。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 』(宝島社)などがある。

「2015年 『北朝鮮ポップスの世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高英起の作品

ツイートする