マッドジャーマンズ ドイツ移民物語

制作 : 山口 侑紀 
  • 花伝社 (2017年10月25日発売)
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763408334

作品紹介

移民問題に揺れる欧州
ドイツに衝撃を与えた社会派コミック
モザンビークからやってきた若者たちは、欧州で何を見、何を感じたのか?
3人のストーリーが描く、移民問題の本質。

マッドジャーマンズ ドイツ移民物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「故郷とは何だろう?」
    ゼーバルト「移民たち」(ドイツからの移民)の次に読む「マッドジャーマンズ」(ドイツへの移民)。
    どちらの国にも属せなくなってしまった、ゆらめく人々の物語。

  •  モザンビークから東ドイツへ出稼ぎに出ていた元労働者への聞き取りに基づく物語。作者は、幼少期をアフリカ諸国で過ごした経験のあるドイツ人漫画家、ビルギット・ヴァイエ。

     かつてアフリカの社会主義国モザンビークは、「兄弟国」である東ドイツに労働力の輸出を行っていた。東ドイツで出稼ぎ労働者として働き、やがて帰ってきてからは故郷のはずのモザンビークでも冷遇される、彼ら「マッドジャーマンズ」(「メイド・イン・ジャーマン」の意味)が、物語の主人公。

     表向きは社会主義国同士の交流であり、モザンビーク政府も「国のためのエリートだ」といって送り出すが、実際には体のいい安価な労働力であり、単純労働や肉体労働、「汚れ仕事」など、現地の人々がやりたがらない仕事をあてがわれる。また、東ドイツでは言語の壁があり、文化の壁があり、そして当然のように差別がある。
     西ドイツでは、労働力輸入としてトルコ人を受け入れていた話がよく知られているが(この前見た「国際市場で逢いましょう」という韓国映画で知った話では、韓国からも西ドイツに労働力が輸出されていたらしい)、東ドイツでもこのような取り組みがなされていたというのは初めて知った。とはいえその立ち位置はどちらも曖昧で、所在なさが付き纏う。

     しかも、東ドイツでの生活に馴染んできた頃に、モザンビークでは大規模な内戦が起こり、またドイツでは冷戦の終結により東西が統一されていく。社会が流動化していく中でネオナチの足音も近づき、いたたまれなくなり帰国しても、家族は内戦で離散し、あるいは「内戦逃れ」呼ばわりされるなど、本国にも居場所はなくなっている。

     この物語は、フィクションではないが、同時に体験談をそのまま載せたものでもない。様々な人に聞き取りをし、そのエピソードをつなぎ合わせて、三人の人物の物語として構成し直したもの。一つの出来事についても、三人の視点から語られることで、見え方が変わるし、何が真実なのかはボカされている。このあたりが、ナラティヴ的なものの曖昧さを表現しているが、それぞれが語る物語は、各人にとっての真実であるとも言える。

     で、この漫画の見どころは、物語そのものもそうなのだが、それを表現するイラストの力がすごい。僕自身はそうした表現に明るくないのでうまい言い回しができないが、間違っても日本人にはできない表現というか、ヨーロッパ的なものとアフリカ的なものの混淆とでも言うのか…とにかく迫力がすごい。

  • ドイツの移民の話はトルコだけだと思っていたら、東ドイツにモザンビークから社会主義の国ということで移民が労働者として入ってきた。このことは日本のニュースではほとんど取り上げられていない。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
トマ・ピケティ
リチャード・マグ...
恩田 陸
西 加奈子
塩田 武士
陳 浩基
朝井 リョウ
オーウェン・ジョ...
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

マッドジャーマンズ ドイツ移民物語はこんな本です

ツイートする