TOKYO STYLE (京都書院アーツコレクション)

著者 :
  • 京都書院
3.72
  • (23)
  • (4)
  • (34)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 157
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (433ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763615107

作品紹介・あらすじ

マスコミが垂れ流す美しき日本空間のイメージで、なにも知らない外国人を騙すのはもうやめにしよう。僕らが実際に住み、生活する本当の「トウキョウ・スタイル」とはこんなものだと見せる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 下町がまだあった時代の写真
    大都市は変わり行くものだと、感じた。

  • 他人の部屋に興味を持ったのはこの本のせいです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「この本のせいです」
      わかるー
      「この本のせいです」
      わかるー
      2012/07/31
  • 自分の精神安定剤的な本
    疲れたときとか不安なときにながめてると落ち着く
    モデルハウスやカタログ的な本とは違って
    生活感のある部屋やモノが雑然としてるカンジが人が住んでるっていう安心感を与えてくれるような気がする
    もうボロボロになってページがはがれ落ちてきそうになってるのでこのあいだちくま文庫版を買ったのだけどいつも読んでいるのはやっぱりこの京都書院版だという(笑

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「住んでるっていう安心感を」
      確かに、、、温もりや匂いまで感じちゃいます!
      「住んでるっていう安心感を」
      確かに、、、温もりや匂いまで感じちゃいます!
      2012/11/30
  • ふむ

  • 本当は文庫じゃないほうを購入したかったんだけど。
    普段は見ることができない、名もなき人たちの部屋を紹介。

  • 5

  • 748

  • 譲ってもらった本(単行本)
    いつもは忘れてるのに、周期的に見たくなる。
    もう古くなってしまった本なのに、撮られてる部屋の空気感はいつ見てもリアル。
    そういえば昔、撮影された部屋に住んでる人と話す機会がありましたが、
    都築さんからの注文は「片付けないで、そのままで」だったとのことです。
    THE「90年代日本の東京」。

  • カッコイイ東京ライフではなく、等身大の東京ライフ。他人の生活を覗き見る、後ろめたさは、なんのその。ドキドキ感が優先する面白い写真集。

  • 091203  古いかも?またそれもええかも?  ヒントあるかも?

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペクト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)など著書多数。

「2018年 『白い孤影 ヨコハマメリー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

都築響一の作品

ツイートする